雅趣なお茶会

お茶会記録>2005年7月


2005年7月31日  餅米回復の兆し? 

 今日は何だかんだでアリアンをプレイしましたーのですよ。
 ランダムダンジョンのレベルが今まで本来ルールで想定されているレベル(キャラの平均レベル)より10くらい高いレベルでやっていたらしく、その本来のレベルでやってみようと言うことになったのです。
 で、蓋を開けてみるとぬるぬるですな(笑)。戦闘が一回しかなかったりカードの引きもあったかと思いますが、やはりうちらのパーティーはレベル不相応に攻撃力があると改めて認識しましたよ。
 結局、元のダンジョンレベルでバランスは取れていたらしいという。

 しかし、相変わらず予定外に出てきたNPCが予想外にキャラ立ちして面白かったですな(爆)。

 というわけで、さすがに二週間GMやらなかったら餅米がちょっと出てきたご様子。予定だと来週はオフセは無しでさらに完全回復と行きたい所だったのですが、来週は土曜日に出来るらしいので久しぶりにおかカフェですよん。
 シナリオを考えようと言う意欲が出てくるくらいには回復しましたですよ。餅米の出かたが禁断症状よりもロマサガの戦闘音楽に刺激されたってのが実は大きかったりしますが(えー。ミニオン格好いいよミニオン。

 ただ、餅米が出てきたのは良いのですが来週はもうACLRが出るのですよね。
 木曜日以降AC漬けになりそうな予感……が本来ならするのですが、NBでそのパターンは打ち破られているのでどうなることやら。
 体験版の感じだとすくなくともNX程度にはやりこむような気もしますけど。


2005年7月30日  散財日記 

今週の購入物。

 まずは、下から1/100のターンAとスモー
 なにやら再販されたのが放送当時以降初めてということでミーハー気分で買ってしまいました。
 初めての再販といってもターンAの商品は歴代抜きん出て売れなかったらしくバンダイ的には本当に黒歴史なっているとの事で、最近まで売れ残りを見ることはあったのですけどね。裏用にちょうど良いかと思って買ってきましたー。

 続いてミニトランク。これも裏用(爆)。
 ミクシィーの方に少し書いたりもしてましたが、ローゼン(ry。
 ドロップ品なので定価より3分の1くらいの値段でゲットできて満足満足。

 んでもってフォトショップエレメンツ
 NECダイレクトでノート買った時に溜まっていたポイントがあることを思い出して買っちゃいました。一年以上放置していたポイントなのでどのみち使い道と思い切って。
 ただ、微妙に評判が悪かったり、マスク機能がないので写真合成には向いてないとか書かれていたり、うにゃーといった感じですな。
 まぁ、ポイント差し引くと実質送料分くらいしか払ってませんし、足りない部分はファイヤーワークスで補えそうなので問題ないでしょう。てかFWの方が使い安いと言う意見も(あー。
 ちなみに、これも主な用途は裏用ですな(爆)。

余談
 明日のオフセはみんな時間がなくてシナリオを作る暇がないとの事なのですがどうなることやら。
 ちょっと前なら飛びついてGMするような状況なのですけどね。
 とりあえず、ランダム表とおかカフェは持っていっておきましょう。


2005年7月29日 

 今日は裏更新なのでーす。

 しかし、裏主体更新をY氏にそそのかされたりしてたわけですが、今の現状だとシャレにならないと言う話も(笑)。
 ただ、裏は写真取ったりなんだりする手間があるので普通の日だとなかなか暇がありませんからね。色々と準備をする手間が面度だという不精でもありますし。
 まぁ、雑談ネタメインで言っても持ちそうな気もせんでもないですけど……。


2005年7月28日  バンブリアン 

 一週間ほど経ってますが今月のゾイドー。

 毎度の如くゾイドジェネシスから「バンブリアン」です。これまた珍しいパンダ型
 初期はダパンダという名前が付けられていたらしいのですが、さすがに名前は変わったようです(笑)。

 武器は肩に付ているタイヤと青龍刀。なんというかパンダだけにタイヤ?(笑)
 青龍刀は中華風って所でしょうか。

 あとは背中にミサイルがついとります。
 このミサイル後ろの部分に力を加えると飛び出すと言う仕様。結構勢いがあるために遊ぶと回収が結構大変だったりします(笑)。
 横のマフラーといい何気に竹がモチーフなのでしょうかね。

 実はこのバンブリアン。完全新規のゾイドではなかったりします。
 旧シリーズのゾイドにあったベアフャイター……もといベアファイターのリデコなのですよ。
 外見上かなり変わった印象を受けるのでなかなか旨いリデコだと思います。

 元がベアファイターだけに二足歩行モードに変形可能。この状態でもゼンマイで動く所が凄いですな。
 何か最近どこかでみたような気がする絵面のような気もしますが(笑)。

 総評としては外見もギミックもジェネシスでは一番のキットではないでしょうか。
 バイオはバイオでやっていってもらっていいので、リデコでも良いのでこういうキットを出してくれればよいですよね。
 世の中はギルベイダーの再販でどうにも話題は持ちきりのようですけど(爆)。


2005年7月27日  超通販 

 いいかげんリフレイン多可ですが転寝癖が最近酷くて酷くて。せめて日記は書いてからにしないとこんな時間にー(午前3時)。

 というわけで、本来は裏かミクシィ向き小ネタをひとつ。

 メーカからの取り寄せ品を2月にとある通販サイトで注文したのですよ。
 それがようやく先日とどきました。約半年ですな(笑)。
 取り寄せなんで再生産の都合ってこともわかるのですが、それにしても5月にその再生産の都合で5月下旬に入荷しますってメールがあったにも関わらず今になってですからね。
 音速が遅いのにも程がありますですよ。

 何を注文したかは裏関係なのでこっちではいえないのですけど(爆)。
 さすがに半年ともなると餅米の方向性も変わっている……と思いきや変わってないのですよね。裏がああなってしまってから半年。こりゃ本格的に趣味として定着してしまいそうな予感……。


2005年7月26日  ダンジョン物 

 合戦シーンとダンジョンが互換性があるとすると、以前からダンジョン物を一本作ってみたいと思っていたのでちょうど良いかもしれませんね。普通のファンタジー的ダンジョンを今更作った所で市販ルールで色々あるわけで、ここはひとつ捻くれていて良いかと(笑)。

 今日もBASARAをやっていたのですが、敵を倒すとアイテムを落としたり、行き止まりの道にはアイテムの出る箱が落ちていたり、やはり何かとダンジョンチック。
 違うのは敵も動くと言うところでしょうか。戦況と言うのがあるって事ですね。
 単純に敵が待ち構えているだけでなく、敵の総大将が移動したり部隊が合流したり敵の行動で戦況が変わるという部分。単に進んでいくだけでなく敵の策略を阻止し、罠を突破して進むと言うのがダンジョン物と違ってくる所ですね。

 あまり懲りすぎるとボードゲームチックになってしまいそうですが、ある程度の行動パターンをデータとして作製してしまうと言うのもいいかもしれません。実際に用いられた計略とかその辺を参考にしてですな。

 つづくー(久しぶりにつづくが出てきてる)。


2005年7月25日  ”雪月花”戦連歌 

 戦国BASARAがあまりにも面白いので餅米復活の意味合いも込めて”雪月花”をそれっぽいゲームに仕立てて見ようかと思ったのですが、思いっきり転寝して現在2時とか言ってますよ。

 とりあえず、それっぽいゲームということでネックになるのは合戦シーンになると思います。特殊な戦闘シチュエーションですな。
 ただ、合戦と言うと大規模戦闘ルールのように思えてしまいますが、BASARAの場合プレイヤーが一騎で大量の敵を相手にするゲームなので少し様相が違います。複数対複数ではないと言うことですね。
 無双のように味方勢力が敵を撃破することはありませんし、逆に敗北条件は常にプレイヤーの死亡なので戦闘としてはプレイヤー対大量の敵になるわけです。

 要するに大量のモブとの戦闘+名前付き武将との戦闘ということですね。ルールは普通の戦闘ルール。
 そして、一撃でモブを二桁吹き飛ばして行くようなイメージはMEだと再現しやすいですな。

 んですが、単に大量のモブとの戦闘というだけではゲームとして特徴がありません。そこで、もう一つ無双系のゲームの特徴を取り入れてみたいと思います。
 それは、広い戦場を駆け巡って敵の対象を倒すって部分です。

 例えば戦場と言うのを5×5くらいのスクエアマップで再現してみるとします。
 自分の陣地から敵の本陣までの移動をスクエアで管理するわけですね。
 敵の本陣までのルートをいくつか設定してみたり、スクエアには敵部隊と門があって敵部隊を全滅させなければそこを通れなかったり、スクエアによっては敵の罠が仕掛けられていたり、伏兵が潜んでいたり、と最終的には最奥の本陣にいる総大将を倒すのが目的の戦闘シチュエーションとなります。

 これがですよ。
 よくよく考えてみるとダンジョンの構図とまったく同じなのですよね。

 といった部分でつづくにしておきましょう。
 転寝して時間がないと言う前フリしたにも関わらず長くなってきましたので(笑)。やっぱ、新しいことを考えるのが餅米回復には良いようです。


2005年7月24日  報酬がたんまり 

 今日のオフセは何気に久しぶりのアリアンでしたー。
 不思議な不条理空間で展開されるシティーアドヴェンチャーがいつもよりも斜めに角度が付いていたようなきがします(笑)。
 ランダムダンジョンをしたらレライエ×4+ヴァンパイアロード+超ガーゴイルだとかいう大変なものが出てきたわけですが、1ターン目の最初の行動でレライエ4体倒してドロップ品が合計10万(最終的には18万)ってのは非常に美味しかったですよ(爆)。
 マジックフォージにディスコード重ねての全力でしたけどね。一歩間違えたら全滅の危険性もあるような組み合わせなのでハイリスクハイリターンなわけですが。

 そういえば再来週は面子の数人がコミケに行ってしまうので来週の後はちょっと間が空いてしまうのですよね。
 来週はT氏GMで行くようなのですがそれなら二本立てでおかカフェも……いや、ここは一つ禁断症状を出すぐらいが餅米回復にはいいかもしれない(爆)。
 何気に戦国BASARAの影響でトンデモっぽい”雪月花”もいいなぁとか思っていたりいなかったりしてますし(笑)。戦国時代を舞台に”雪月花”とかもいいかもしれませんね。
 TRPG的に扱う素材として難しいかも知れませんが。まぁ天羅っぽくなるのかな。

 というわけで、そんなこんな言いながらも今日は裏更新がメインだったりー(何ッ。


2005年7月23日  戦国BASARA 

 まだマイキーサーフ入荷してなかったー。
 いい加減通販サイトで注文してしまおうかと思いつつも、足を運べる所にあるのなら買いに行ったほうが送料やら手数料やら考えると良いのですよね。ポイントも付くし割引券も今もってますし。
 うーむ、直営店だというのにまた福岡だといって入荷が遅いのか……。

 というわけで、悔しかったので「戦国BASARA」を買っちゃいました(何ッ。
 今月は出費が激しくて苦しいのに……まぁ、評判通り面白いので良いのですけどね。
 無双の方は触り程度しかやったことがないので比べることは出来ませんが、はっちゃけ度は圧倒的にこっちの方が上ですな。
 伊達政宗なんて六刀流ですよ六刀流。しかも声優がゾロの声優なのは狙ってやってるのかって感じです(笑)。
 本多忠勝は本当にモビルスーツで最強ですし、濃姫はガトリングガン撃ちまくったりやりたい放題ですよ(爆)。

 舞‐HiMEも2周して落ち着いたことですしACLRまでの繋ぎにはちょうど良いかもしれませんね。
 繋ぎがいるほどゲームをやっている時間って昔に比べると多くはありませんけど。


2005年7月22日  ナインブレイカークリアー 

 とりあえず苦行に耐えてナインブレイカーをクリアしてみました。
 苦行と言っても本当に苦行だったのは対象との距離を一定以内に保つトレーニングだけだったような気がしますけどね。正直あれほど訳の分からないトレーニングはありませんよ。
 対象と近づきすぎても駄目、離れすぎても駄目。しかも相手はグレネードで攻撃してくると言う念の入った嫌がらせ具合。何度コントレーラーを投げそうになったか。

 そこが終わればあとは意外とスムーズに行きましたよ。スムーズに行ったからと言って楽しかったわけではないですが(笑)。
 ロックオン不能の状態で敵を倒すとかは普段からロケットやらブレード主体で言ってるのでサクサクいけましたし。
 総合トレーニング辺りはトレーニングとしては許容範囲内だったような気がします。
 あっ、ミサイル避けは楽しかったです(笑)。この辺はミッションでも過去にあったりもしてますしね。

 まぁ、トレーニングの存在は自体は本当は問題ではないのですよ。問題はトレーニングしかないところなのですから。
 トレーニングがメインのゲームってなんですかって話ですからね。これでミッションもきちんと合ってミニゲーム的に感覚でトレーニングが付属ってのならまだACNBの評価は変わってきたかもしれません。

 あとは挫折しそうな難易度のトレーニングがかなりあるということ。上記のロックオン不能状態での命中訓練なんて普段ロケットもブレードも使ってない人にとっては辛いでしょうしね。しかも、空中の小型MTに当てろだとか無茶を言われますから。
 トレーニングのはずなのに難易度的には玄人向けになってるってのがフロムらしい天然と言うかなんと言うか。 それともこれに挫折しないくらいの強い精神力がないとレイヴンなんてやってられないことなのでしょうかね(爆)。 


2005年7月21日 

 仕事中暇だったのでシナリオでも考えていたら、ちょっと餅米回復してきたー。
 朱月編オルタナティブは所詮はオルタナティブってことで二部構成になりそうな罠。このままじゃインテリジェンスがかませ犬に(何ッ。
 と久々にTRPGネタを行こうかと思ったのですがタイミング悪く今日は裏更新にする予定だったので保留。

 そういえば、危うく「戦国BASARA」を買いそうになってしまいましたよ。
 伊達家の皆さんが「Are you ready,guys?」「Yeahhhhhhhhh!!!」だったり、織田信長がショットガンもってたり、本多忠勝が機動戦士だったりするエセっぽさ全開の戦国時代ゲー。
 ゲーム内容は無双系なのでエセっぽさが遺憾なく発揮されてそうで面白そうなのですよね。
 いつもの調子ならば買ってしまうのですが、さすがに今月は出費がえらいことになってるので我慢。
 ただ、我慢しても、我慢したと日記に書いた翌日には買っているというパターンも多々あるので注意が必要ですが(笑)。


2005年7月20日  ギルベイダー 

 ギル様、再販キター……らしいですよん。
 現在放送中のアニメ、ゾイドジェネシスのナンバーでの再販との事。通販サイトでの予約ページが情報源なのでかなり確かな情報かもしれません。

 ちなみにギル様といっても殆どの方が分からないかと思いますが、旧ゾイドシリーズの末期に発売された大型ゾイドです。おそらくゾイドの中でも1、2を争う人気、というかカリスマ性のあるゾイドですね。
 モチーフはワイバーン。旧後期のゾイドにはペガサス型のオルディオスなどように幻獣型のゾイドはいくつかあるのですが、実在しない生き物をモチーフとしていることもあり賛否両論あるその中でも問答無用で認められているといった具合。
 位置的にはラスボスなゾイドですからね。
 オークションでは組済みでも20万超えたりあり得ない金額になったりもしています。

 ちなみに再販ゾイドの運命として色が当時と変わっているのが常なのですが、ギル様は黒と紫主体のいかにも悪役カラーから白と青のヒーローカラーになっている所は色々と波紋を呼びそうな感じですな。

 と、段々と普通の日記頻度があがっている今日この頃。まぁ、「最近は普通の日記になってますね」って展開も散々リフレインなのですけどね。
 TRPGネタに戻るのはいつの事になるのやら。


2005年7月19日  ライトセーバー 

 久しぶりに残業らしい残業な時間に帰ってきましたですよん。
 何だか今日は普段はあり得ないようなトラブル続きで大変でした。

 というわけで、最近の状態をみると今更簡単にって台詞のナンセンスですが簡単に。
 最近、どういうわけか「ライトセーバー」がほしいのですよね。おそらく、この間TVでやってたEP2を見た所為かと思うのですが(笑)。
 ライトセーバーといってもほしいのは大きなやつじゃないですよ。当然1/6サイズのです(爆)。
 1/6サイズ=12インチサイズのフィギュアは向こうの方が本場なので、その辺から頂戴すれば幾らでもあるのですけどね。
 ただ、サイズがサイズだけにお値段が4、5千円するのがネック。モノ的に高いと言うわけ出でもないのですがライトセーバーのみ目当てでってのはですね。
 12インチのフィギュアでアナキンからダースベイダーに着せ替えが出来るものがあるので、そのダースベイダーの衣装はちょっとほしいかも知れませんが(爆)。

 まぁ、サイズ的にはガンプラのクリアーパーツのランナーがちょうどよさそうなので、そこから自作するってのが一番なのでしょうけどね。

 とりあえEP3でも見てくるのもいいかもしれない。

余談
 そういえば、今週のオフセって何曜日でしたっけ?>私信


2005年7月18日  ACLR体験版話−アリーナ 

 今日も今日とてACLR話ですよん。
 アリーナの話なのですが、今回ストーリー的にレイヴンが残り22名しかいなかったり、その22名もミッションを進めるうちにサクサク減っていくのでアリーナはヴァーチャルアリーナという仕様になっています。
 まぁ、あくまで設定だけでやることはいつものアリーナなんですけどね。少々違うのは挑戦可能な現在の順位より一つ上のランカー以外は全て「No Data」となっていて先が見れなくなっているってところでしょうか。
 今までは始まってすぐでも1位のランカーが誰なのか見れましたからね。それが順を追ってしか出現しないようになっています。

 ただ、バーチャルってことは上位のランカーから脅しのメールが来たりするようないつものやつはないのでしょうかね。それはちょっと残念かもしれません。

 と、ここまではどうという事のない変更なのですけどね。もう一つ大きな変更点として「掛け金」というのが導入されているのですよ。
 掛け金とはアリーナでランカーと対戦するのに必要なお金の事です。対戦する時に決められたお金を支払い、勝てば賞金をゲット、負ければ当然掛け金は戻ってきません。

 これはなんか完全に改悪のような気がします。
 掛け金だけのお金を持っていなければアリーナで対戦できませんし、一度勝利した下位のランカーを相手に対戦する時も掛け金が必要ですからね。気軽にアリーナで遊べなくなった気が。
 自分が下位の時には1万払って2万還元のような所が、一度勝利した相手には1万払って1万2千還元とかになってしまいますしね。
 それに勝てなかった相手に色々と装備を変えて挑戦してみるという基本的なアリーナの遊び方がやりにくくなるってのは如何なもんでしょうか。
 掛け金の処理があるせいか、負けた時にその場で再戦ってのもできなくなってますし。いちいち通常画面に戻ってからやり直さなくてはいけないのは面倒すぎです。

 チューンにお金が要らなくなったりチューンのやり直しは自由だったりするのはいいのですが相変わらず一度チューンしてしまうとUSEDで売る時に価格が下がりますし。等価で売買できるからこそ序盤に色々とパーツを試したり、ミッション毎にパーツを買えて遊べたり出来たのですけどね。
 妙なリアリティーはいらんのですよ。中古でもレイヴンズネストやアークが補助金を出すので等価で売買できるとか幾らでも設定的なこじ付けは出来るでしょうに。

 どうしてフロムはせっかくACの良い所として存在していたシステムを片っ端から改悪していくのでしょうかね。新規要素でバランス云々はまだしも、既存の変えなくて良い部分をあえて変えて失敗している所が多すぎのような気がしますよ。

 毎度の事ながらACの話をすると愚痴になりますなー。
 ちょっと振り返ってみるとSLの時までは購入後も盛り上がって日記書いてるのですよね。
 やはり全ての元凶はNXか……。


2005年7月17日  LR体験版インプレッション その1 

 わざわざキャナルまで行ったのにマイキーサーフがまだ売ってなかった……。入荷したって通販サイトもあったので入ってると思ったのですけどね。
 明日は海の日だしそろそろだと思ったのですが。
 と、この辺は裏関係の話なのでサラッと流すとして(爆)。

 今日もメインは裏なのでこっちではACの話。
 LR体験版もやることはある程度やったって感じですな。NBよりもはるかに好印象なのでけど、NBを比較対照にすると何が何でも良く感じるのでNXより好印象って所でしょうかね。
 まぁ、改良改悪。色々あったわけですが、ポジティブに改良のところから行ってみましょうか。

 とりあえずバランス云々の話はSLまでの方が良かったと言うのがFAなので置といてですよ。今回、ガレージのインターフェイスが大幅に改編されております。
 見た目だけではなく使い勝手もかなり変わっており、少々なれが必要ですが個人的には良くなっているのではないかと。
 パーツや武器がグラフィックだけでなく小さなアイコンで表示されているのでパーツ選択がしやすかったり、装備を変えたときの変化が数値だけなく「B→A」という風にランクで表示(ランクだけでなくゲージバーも同時に表示されているので細かい変化もわかる)できるので感覚的に分かりやすくなっとります。

 そうそうガレージではないですが、隠しパーツや報酬のパーツを入手した時にパーツのグラフィックも出るようになり、ガレージではアイコンにNEWのマークも付いているので何が手に入ったか直ぐにわかるのが良いですな。
 今までは、カテゴリと型番しか言われなかったので探す作業がありましたからね。これは良い感じです。

 ただ、1つ良いとこがあると5つぐらい悪い所があるのがフロムなのですが……。


2005年7月16日  自由と運命と転寝癖 

 いやー、本当にストライクフリーダムの初登場はディスティニーとは扱いが違いましたよ。
 方や宇宙でピンチの味方の所へ地上から前作の機体に乗って助けに来て、その味方が密かに作っていた新型のストライクフリーダムに乗り換えて25機のザクとグフをたった2分で瞬殺。
 方や議長が自分の駒にするために与えた新型機ディスティニーで状況が良く分からないまま脱走兵(アスラン)の処分に出撃。脱走兵に「お前は議長に騙されているんだ」と言われて悩みつつも、「あんたが裏切るからいけないんだろう」と逆ギレして撃破ですからね。
 ストフリの方は出撃時に挿入歌まで流れてましたし、あまりにもあからさまに扱いが(笑)。

 って、ここ数日SEEDの話ばかりになってますな。
 まぁ、楽しんで見てますからね。決して内容が面白いわけではなく、色々とツッコミどころが多くて楽しいと言う黒い楽しみ方なのですがとリフレイン(爆)。

 さて、どうも今週はACLRの体験版が届かないだの届いただのがあって、すっかり気が抜けてしまいましたね。
 TRPGネタもちょっとあったり、バトンは2本も溜まってたりするわけですが。
 まぁ、いつものように気負わずぼちぼち行きましょう。どちらかというと最近また発病している22時寝3時起きという転寝癖をどうにかせにゃならなかったり。
 3時に起きてもそのまま寝ればまだ被害も少ないのですが、その後日記を書いたり色々やったりするもんだから妙な睡眠不足状態ですからね。
 一度気合入れて日付が変更される前にきちんと就寝しないと。


2005年7月15日 

 デスティニーが思った以上に格好良くて満足。
 背中の翼とか顔とかどことなく悪魔的意匠を感じるのは気のせいでしょうかね。
 パッケージの解説を読んでも、ディスティニーという「絶対なる力」はともかく「絶対なる正義」まで議長(話の展開的にラスボスっぽくなってきた人)に与えられたとか書かれていますしね。
 話の序盤ならば主人公っぽい立ち位置といえないこともないのですが、もう話も終盤の4クール目ですから。
 やはり、ここは一つシンにはフォースの暗黒面を学んで突き進んでほしいものです(笑)。

 あっ、今日はメインは裏です(爆)。


2005年7月14日  初回の波 

 ぼく〜たちは〜まよーいながらー(第四期OPは無視)。

 別の用事でヨドバシにいったら発売されてたので買ってきました1/100「デスティニーガンダム」
 今までは1/144ユーザーだったのが裏の影響ですっかり1/100ユーザーになってますな(笑)。
 種系のMSはデザイン的にアレなモノが多いのですが、裏の素材にするにはアレな方がハッタリ効いて良いので重宝しますよん。
 ディスティニーは、どこかで見た装備のオンパーレード(光の翼とかシャイニングフィンガーとか質量のある残像とか:笑)は別としてデザイン自体は結構おとなしいのですけどね。

 まぁまぁ、その辺は置いといて。ツッコミどころは別にあります。

 なんと、初回限定特典付き(爆)。
 プラモで初回特典ってのも来る所まで来たって感じですね。
 今までもブックレット付属の初回特典とかありましたが、今回はスタンドとアクションパーツが付属と言うストレートに模型的な特典ですからね。
 特にスタンドなんて標準でつけてもらいたいアイテムという意見も。スタンドがあると飾る時に表情が付けやすいですから。

 しかし、アレですよ。
 ヨドバシに山済みで入荷されていましたが、ディスティニーよりも来月発売されるストライクフリーダムの方が売れるのでしょうねと邪推してみる(笑)。
 OPのタイトルバックは第四期もストフリでしたし、最後の絵もキラが中心でその両隣にアスランとシンでしたし、作中でもきっとストフリの方が優遇されるに違いありませんよ。
 というか、初出撃の演出自体で既に差をつけられているような気が。
 何せ、ディスティニーの初出撃回のサブタイトルは「アスラン脱走」で、ストフリ初出撃回だと思われる来週のサブタイトルが「天空のキラ」ですからね。これだけで誰が主人公か分かるってものですね(爆)。

 シンはところどころダークサイド入っている描写がみられるので、いっそダースベイダー化するくらいに突っ走ってほしいものです。議長にそそのかされて良いように使われていたり、多かれ少なかれ製作サイドも意識しているような気もしないでもないですけどね。


2005年7月13日  ブレードホーミング 

 いやぁ、サイレントライン面白いですよ……アレ?
 SL時代のブレホがどの程度だったのか気になって久しぶりに遊んでみたのですが、この頃のブレホってすごかったのですね。今思うと異様な追尾性能ですな。
 なんか、面白いようにサクサク斬れますよ(笑)。
 PS時代のブレホなんてこれよりすごかったのですよね。

 SL時代に比べると雀の涙程度ブレホなんですけどね。今回のブレホは。
 しかも、左右への誘導は皆無で上にだけのみあるような気が。
 ブレホの角度はFCSに依存するので色々と試してみないと最終的な判断は付きませんが、ブレード専用のFCSとかあったら良いですな。
 昔のブレホを手に入れられる代わりに射撃への対応は皆無になると言う。

 スロット3くらいのオプションパーツでも良いので、この辺の極端な一長一短のあるパーツもあっても言いと思うのですけどね。なかばネタパーツになってもかまいませんから(笑)。


2005年7月12日  到着 

 ようやく届いたー。
 本当、最後の最後になって届いたって感じですな。
 まぁ、届きさえすれば世の中万事のどもと過ぎればなんとやらなので良いのですが(爆)。

 細かい感想は明日以降になのですが、とりあえずかなりいい感じのようですよん。
 少なくともOB斬りが出来るくらいにはブースター熱の問題は解決しているようですしね。今でも組み合わせによってはサクサク熱が溜まりますが、溜まらない組み合わせと言うのも簡単に出来るようになったって感じでしょうかね。
 第一印象としては今回は結構いけるのではないかって気がしてきますよ。

 てなわけで、また明日ー(早ッ。


2005年7月11日  一日千秋 

 今日も来ませんでした……誰か助けてください(泣)。
 TPの話とか攻撃と回避の話とかリーディングバトンだとかコミックバトンだとか書きたいネタは色々あるのですが、こんな状態ではいかんともしがたく。
 当然、届いたら届いたで書いてる暇がないのはリフレインなのですけどね。

 福岡や九州にも届いたと言う報告がいくつかあるので今日は来るかと思ったのですが……。変な手違いとかなければよいのですけど。
 明日届かなければいよいよ心配になってくるです。

 話を聞いている限りではブレホがSL並みくらいには戻っているとか、全体的にスピードがUPしてるとか、熱関係もかなり改善されているとか良い話を多く聞くのですよ。その辺、人づてじゃないくてちゃんと自分で確かめたいですな。

 くそぉ、届くまでACシリーズで唯一クリアしていない(FF除く)ナインブレイカーでもやってようかな。かなり自虐的な行為になりそうですが(爆)。


2005年7月10日  早く来い来い体験版 

 体験版届かねー(泣)。
 せっかく今日はオフセ日なのに前日に日記を書かないで、ACの体験版届いたーってネタにしようかと思ったのに……。まぁ届かないなら届かないでネタになるわけですが(爆)。

 ぬぉー黒猫さん来いー来いー。
 体験版が届くまでもんもんとしたこの調子の日記が続きそうですな。
 今のところ九州に体験版が上陸という報告は見ていないので単純に距離的な問題で届いてないのでしょうね。
 明日だ。きっと明日届くに違いないー。


2005年7月9日 

 各所でACLRの体験版が届いてるという報告が。ファミ通の応募件を張って送るとAC最新作の体験版がもらえると言うやつです。
 もちろん送っているのですが福岡はやっぱり2、3日送れて来るのだろうなー。
 応募はがきがちゃんと届いてなかったりとか毎度のような要らぬ心配をして過ごす数日になりそうです。

 どうも、体験版の感想を見る限り結構評判がよさそうなのでさらに待ちきれなくなってきますな。
 とりあえず、明日か明後日かな届くのは。

 てなわけで今日は裏でー。 


2005年7月8日  1/100「ソードインパルスガンダム」 

 裏での解体が決まったので今日は1/100「ソードインパルスガンダム」のレビュー風味を行ってみましょうかね。
 相変わらず一ヶ月くらい音速が遅いのですよー。

 素立ちまぁいいのでさらっと流し。

 

 やはりソードインパルスと言えば、その名の通り二振りの斬艦刀。やっぱり長物は良いですよね。
 そういえば斬艦刀というだけあって、劇中では艦隊を切りまくってましたな。無意味にソードシルエットで(笑)。ブラストの方が効率がよさそうなのですけどね。

 

 斬艦刀は繋げることが可能。フリーダムのサーベルと同じようなギミックですが、こっちの方が大きいだけあって映えるかも知れませんね。

 背中のシルエットの羽部分は取り外してサーベル兼ブーメランな武器に出来ます。これはジャスティスの肩部分と同じような武器なのですな。両方ともザフト製なので技術流用って感じでしょうか。

 腰アーマーにはナイフの収納ギミックが。これはストライクと(ry。

 そしてインパルス最大の謎である分離変形機能もきちんと再現できます。結局、この機能を最大限に利用したのは対フリーダム戦だけでしたからね。
 Vみたいに頻繁に色々と戦術として使ってくれれば「画期的な運用システム」ってな話も納得しないこともないのですが。

 ソードシルエットの方はシルエットフライヤーの機首部分が付いてこないので完全再現とはいきません。機首部分はフォースインパルス付属のものを使えってのが激しくバンダイライク。
 ビームサーベルのクリアーパーツを使い回せって感じで一部機体にしかつけないような会社ですからねー。


2005年7月7日 

 今日は七夕っちゅうことで裏更新なのですよー(何ッ。
 しかし、裏もよく続いてますよね。移り気が激しい性格だというのに正直ここまで例の餅米が続くとは思ってもみませんでしたよ。
 まぁ、裏は裏で3つか4つかの方向性があるわけで。その中で餅米が回っているので持っているという話もあるのかも。 


2005年7月6日  おかカフェSOE 設定用語集 その1 

 てなわけで、今日から本格的に用語集いってみましょうかね。
 オフセでのセカンドキャンペーンは異様にNPCが増えたキャンペーンだったのでかなりの量になるかもしれませんですぞい。
 今日は「AFM」「ヤオヨロズ」に続く敵対組織である「ミラーズ財団」関係とその企み周辺の話。

◎ミラーズ財団(みらーずざいだん)<組織>
・某合衆国を主体とするグローバルカンパニー。
・財界だけでなく政界に対しても大きな影響力を持っている。

◎ジョージ=デービス(じょーじ=でーびす)<人物>
・某合衆国大統領。
・ミラーズ財団の援助を受けて大統領になった人物であり、実質ミラーズ財団の手駒の一つ。
・ただし、単なる手駒で終わらない野心と行動力の持ち主。
・軍で研究させているパワードスーツを自ら着込み出撃することもある。
・必殺技はプレジデントバスター。

◎ライナ=ミラーズ(らいな=みらーず)<人物>
・ミラーズ財団元総裁の孫。
・お金持ちのお嬢様らしくわがままな性格。
・彼女の周囲には常に何らかの”まやかし”が発生していると言う特異体質の持ち主。

◎大いなる子供達計画(おおいなるこどもたちけいかく)<用語>
・別名「プロジェクトGC」。
・特化した能力を持った人間を後天的に作り出そうとする計画。
・ミラーズがその財力、権力の全てをつぎ込んで進めていた計画である。
・PSPから派生したと考えられるが、PSPが先天的に特殊能力をもった超人を生み出そうとしていたのに対して、プロジェクトGCは後天的な基礎能力強化が主体となっている。
・遺伝子操作の類は殆ど行われずに薬物投与で計画が進められていたらしい。

◎大いなる子供達(おおいなるこどもたち)<用語>
・またはGC。
・計画のなかでの実験体をこう呼ぶ。
・子供達は「muscular」「agile」「dexterous」「endurance」「charm」「intelligence」「feeling」「knowledge」「mind」「fortune」10種類のカテゴリに分けられており、それぞれ一つの能力に特化している。
・また、カテゴリ中で完成体と呼べる高い能力を発揮した子供にはカテゴリに定冠詞をつけたコードネームが与えられる。

余談
 あっ、Reading Batonとか回ってきてたんだった。
 毎度の事ながら週末の時間のあるときにでもー。


2005年7月5日  設定とかその辺の話 

 とりあえずアレだ。
 PCの設定やら性格なんてものは動かすのに都合が悪けりゃサクっと切り捨てたり都合の良いように変えていくものだと思うとるわけですよ。あくまで、このキャラはどういう風に判断してどういう風に行動するかと言う指針にするだけでキャラの行動を制限するものではないと。
 何かこの辺の話は昔長々とやった上に古傷に触れるのでサッパリめにーなのですけどね。
 ガープスの不利な特徴のようにルール的な要素があるものはまた難しいのですが、MEの場合はPCの動きやすいようにご都合主義全開で設定を加えたり変えたり出来るようにするのがエクストラ設定の役割の一つナわけで。シチュ改案なんて都合の良いようにシーンの状況までPL側が演出してしまおうってルールでもありますし(バラストタンクで強制排除されるザ・筋肉の人だとかバリアで弾かれて落ちていくザ・敏捷の人だとか:笑)。

 って、いかんいかん。
 毎度の事ながらこの手の話は長くなる上に自棚なパターンもあるので自重自重。
 結論的意見としては2行目なのですけど設定を重視する場合でも、例えばメカの天才の通称コングさんは飛行機だけはカンベンって設定なわけですが、これだとAチームの皆さんは飛行機で移動できないわけです。まぁ、飛行機以外の移動手段を考えるってのもアリですけど、コングさんを気絶させたり眠らせたりして無理やり移動することが多いわけですよね(笑)。
 この流れをTRPGに置き換えると、コングさん自身が自分から気絶したり眠らせられる隙を作って他のPLを誘導したりするのが良いロールプレイだと個人的には思う次第。
 「俺のPCは飛行機に乗りたがらないから気絶させたり眠らせたりして連れて行ってくれw」ってぶっちゃけるのもカジュアルな環境ならば全然アリかと思います。

 あーほら言わんこっちゃない。案の定紙面の半分以上を消費してますよ(爆)。
 いっそ、今日はこれだけでも十分なくらいの量だ(笑)。

 せ、せめて設定用語集を少しでも行っておきましょう。

◎御鐘グループ(みかねぐるーぷ)<組織>
・日本有数の多角経営を進める大企業体。
・Cafe”まほろば”もグループの傘下であり、またMAHOROBA設立時に資金的援助も行っており現在でもMAHOROBAは御鐘グループから出ている資金で運営されているため、実質的にMAHOROBAの運営も御鐘グループが行っている形になっている。

◎御鐘ファイナンス(みかねふぁいなんす)<組織>
・御鐘グループの中核にあたる金融会社。

◎御鐘海浩(みかねうみひろ)<人物>
・御鐘ファイナンスの社長にして御鐘グループの最高責任者。
・無類の映画好き。
・というか映像媒体なら何でも好きらしく、最近見た作品に影響を受けて行動を起こす。
・MAHOROBA隊員がメイド服着用なのも彼の趣味らしい。


2005年7月4日  TRPGバトン 

 昨日は予定を変更してオフセ後話をやりましたので、本来なら昨日の内容だったはずのTRPGバトンですよ。
 回ってきたのはいったいいつでしたっけ?(笑)

○所有しているTRPGの数
 当初は買い控えてましたがMEの方向性が見えてから買いあさった時期がありましたからね。
 それなりの数になるはずですよ。
 昔のルールはなおし込んでいるので正確な数は分かりませんがサプリまで合わせると40くらいいくかも。

 ちなみに自作ルールは、一度でも遊んだことのあるルールに限定すると12種類あります(笑)。企画や設定だけ野を合わせると20超えますな(爆)。

 そういえば最近はあまり買ってないのですよね。
 NWのロンギヌスとかアリアンの基本以外のルールとかオフセで使うのに買ってないですし、メイドTRPGも興味はあるものの購入にはいたってません。
 どうもここの所、購入するかどうかの判断基準が玉響に関係するかどうかになってるようなきが(笑)。ゾイドも結局裏との絡みがあったから再燃したようなもんですしね(何ッ。

○最近お気に入りのTRPG
 おかカフェ(爆)。
 毎度毎度、話の方向性が斜め四十五度に吹っ飛んでいくのが楽しいのですよ。
 これは別にルールだとか世界観の問題ではなく、参加者の問題だと思うのですけどね(笑)。

 市販ルールだとアリアンですかね。
 最近は、オフセではアリアンとおかカフェしかしてないような状況がそれを物語ってます。

○思い入れのあるTRPGを5タイトル
「ロードス島戦記コンパニオン」
 初めて遊んだTRPGにして始めて自作ルールのベースにしたTRPG(笑)。

「レミリエント戦記」
 そのはじめての自作ルール……いやルールはほぼコンパニオンなので自作世界設定といった方が正しいかな。
 学生時分に40回以上の遊んでキャンペーンやっていたのでやはり思い入れは強いです。
 てか、この質問。自作を含めるとほぼそれで埋まりそうな(爆)。

「ガープス妖魔夜行」
 あえて妖魔夜行に絞ってみる。
 妖魔夜行の世界設定って好きなのですよね。伝承や都市伝説などから色々と元ネタを拾ってきてオレ設定でキャラを作れるのは楽しいです。

「”雪月花”狂奇譚」
 何だかんだで花鳥風月苑といえば”雪月花”一色だった時期がありましたからね。
 やっているうちにすごい勢いでルールが変わって言ったのも今では良い思い出です(爆)。

「おかカフェ」
 ごめんなさい、やっぱりこれは外せません(笑)。
 さすがにキャンペーンを2回やっていれば思い入れもできてしまいますよ(爆)。
 設定的にもいろいろと充実してきましたしね。MEもルール的にこれがあったからこそまとまったようなものですし。
 遊んだ回数もそのうちレミ戦を超えそうな勢いです。
 いやほんと、大本のネタ元であるY氏には感謝しなければ。

○気になる発売予定タイトル ※回答時点で未発売のタイトル
 MEも大きくいじるところがなくなってきた上に餅米が裏向きなので、最近TRPGの情報には疎いのですよね。
 あえて気になるとすればアルシャードの新版でしょうか。
 あれだけサプリの出ているルールの新版。旧版のサプリはパッチを当ててコンバート可能にするという部分が気になる所。

○バトンを渡す5人
 無理(即答)。
 TRPGサイト関係の知り合いさんがもう殆どバトンを渡されている状況では無理。
 よって、今回もこれ以上の拡散を防いでおきます(爆)。

余談
 確かに「リープ」は「チェインショット」や「スイッチショット」などの能力に比べてアレな感じという印象が強いのでちょっと手を加えてみる。

名称:リープ
発動:敏捷値 TP:1 効果時間:瞬間 対象:1体 範囲:指定

種類:行動「レスポンス」「白兵攻撃/射撃攻撃」

効果
・使用者が「格闘」「白兵」「射撃」攻撃の判定に達成値で成功した直後にしか使用できません。
・また、この能力の対象は直前に攻撃を行った対象とは別のキャラクターでなければいけません。
・同じターンに複数回使用する場合、使用する度に必要な達成値の条件が+10されます。
条件:−
 

 まるで間違え探しのような改定。
 というかアレかな。複数対象系の能力にするよりいっそアクティブにして「春雷」のような能力にした方がいいかもしれない。
 距離に関係なく攻撃が可能。もしくは好きな距離を選べるだとかの移動系。イメージ的にはいつの間にか近づかれていたり、間合いを取られていたり、そんな感じのほうがスカウトっぽいかも。「リープ」という名前にもあってますしね。


2005年7月3日  オフセ後反省談義 

 しまったー。今日のオフセは完全にマスタリングに失敗してたですよ。
 PLが何したらいいか分からなくて詰まっているのに、なんでワードを提示しなかったのかなって感じです。
 まぁ、PLが詰まっている時点で誘導に失敗してるわけですが、だからこそワードを提示して情報を与えたり話を進めたりするのが改案の使い方だったのですけどね。
 なぜかその点がすっぽり抜けていてPLの行動をまってるという悪いマスタリングしてました。そういう失敗をしないように明示化するのが改案におけるイベントワードの役割の一つなのにですな。

 どうも最近、PLが好きに状況作って勝手に話が進む回が続いてたので(笑)、気が緩んでいたのかも知れませんね。いかん、激しくリトライ希望ですよ。
 予定では次回は巻き込まれ型のシナリオだったのですが、もう一回シティーアドベンチャーっぽいシナリオでリトライしたいところ。毎度の事ながら現時点で話の原型は出来てますし(爆)。

 来週はU氏がこられないときはT氏のアリアンをするのですよね。U氏がこられるときは今日出来なかったN氏のアリアンかU氏がシナリオが出来ればNWらへんですかね。
 どちらにしろ一枠おかカフェにほしい所ですな。
 N氏が引っ越してからは、2本立てじゃなくて1本やって後はだらだらする方が良いんでないかという気もしないでもないですが。

 短いシナリオなら……って言っても、GM的には短いと思っていてもそれなりに時間がかかるのが常ですからね。むしろ短いと思っていたぐらいがちょうど良かったりするわけで。
 とりあえず、どう転んでもいいようにシナリオだけは作っておきますかね。

 と、本当は昨日のうちにTRPGバトンネタを書いて準備していたのにインターセプトして反省会をしてみるテスト。
 ランダム表でやってた前回が面白かっただけに、ちゃんとシナリオ作ってやった今回がそんな感じに失敗してしまったので凹み度UPですからね。
 ルール改定にしろセッションの話にしろ、昨日のうちに書いてた話を後回しにしてオフセ後に書くって時はTRPG餅米が高い時なので、この高さを維持している間にもう1セッションやりたいですな。
 てか、せっかく高いということで滞っているTRPGネタを進めるのですよ(笑)。滞っていると言っても、設定用語集ネタか”雪月花”や卵殻の特殊能力ネタくらいしかないような気もしますが。
 おかカフェSOEのDL版作業をするのってのもありかな。


2005年7月2日 

 例によって今日は裏更新なのでこっちはお休みの方向で。
 しばらくこんな感じかもしれませんね。

 といいながら突然餅米が出てくる時があるので世の中分からないものなのですが。 
 てか、また今日も寝てしまいましたよ。思いっきり転寝の魔力に魅入られてますな。


2005年7月1日  初バイオゾイド 

 今日は久しぶりに玩具ネタを行ってみましょうかね。

 じゃーん。というほどではないのですが、バイオゾイドの新作「バイオケントロ」です。
 いままで、バイオゾイドは避けてきたのですが食わず嫌いはいかんということで買ってきました。
 両肩のブレードがケレン味があって良い感じですな。

 バイオゾイドは格好良いことは格好良いのですよね。
 ただし、いままでのゾイドとは一線を画すデザインなのでゾイドと呼ぶには違和感があるという感じです。
 あと、無動力ってところが引っかかるところ。ブロックスと同じく。
 各部にボールジョイントが仕込まれてるのでポーズは色々と取れるのですけどね。

 動かない代わりに発光ギミックと音声ギミックが仕込まれているわけですが微妙に蛇足といった感じがするかも。

  

 後ですね。もう一つの問題としては箱に入っている時点である程度組んであるという半完成品だということ。
 右の装甲パーツを切り取って付ければ完成します。
 ムラサメライガーもそうだったのですが作っていて物足りません。てか装甲パーツを付けるだけって組んでて面白くないのですよね。
 これならいっそ完成品として出してもらった方が良いかもといった感じもしてきます。

 ちなみに大きさは中型ゼンマイゾイドと同じくらい。
 サイズの割りに2000円という値段は発光&音声ギミックの所為なんでしょうね。

 決して悪くはないのけど、どこか物足りないってのがバイオゾイドを初めて買った感想でしょうか。ブロックスの初見と似たような印象です。

余談
 あっTRPGバトンするの忘れてたー。


前に戻る

広間へ