雅趣なお茶会

お茶会記録>2005年8月


2005年8月31日  2aと2b 

 てなわけで概要がまとまりましたよ、Ver2b(現状のルールが2aでどっちがVer3になるかと言う話)。
 まずは、特殊能力の話なのですが2aのクラスによって使用可能な中から選択する方式から、昔のようにスキルクラスの能力は全て使用可能に戻したいと思います。
 もともと、特殊能力を選択式にしたりレベルや取得条件のようなものが出来たのは成長要素を作るためだったわけですよ。それが2bでは成長要素は全て設定の追加と言う形を取るためにこの方式を採用する必要がなくなったという寸法。
 設定からの固定化という部分もなくなりますからね。エクストラ設定を使ってセッション中に特殊能力の取得というの要素をどうしようか迷っていた部分もありますし、いっそのこと全部使用可能というほうが潔いでしょう。
 これと同じく演出効果も種族などに依存することのなく全て使用可能になるかと思われます。

 んでもってテンションでの使用制限を無しにします。テンションが0だろうが使用可能。ただし、組み合わせも無しに。
 とはいえ組み合わせがまったく無しになるわけではなく、それは先日言っていたような必殺技ライクな立ち位置として存在します。具体的には使用可能な特殊能力の中からキャラ作時に組み合わせを決めて必殺技=仮にEXスキルとしておきましょうか、を作っておくわけです。
 こっちのEXスキルのほうにはテンション制限があり。特殊能力を5個組み合わせることが可能でテンション5以上で使用可能って所でしょうか。これを3つくらい取得可能で。
 また、テンション8で10個組み合わせ可能なSPスキルを1個とか言うのも良いかもしれません(爆)。まぁ、テンション8なんてコマンダー付でもない限りそうそう行かないでしょうけど。

 必殺技ですからね。でりゃ必ず殺すくらいの威力の代わりに戦闘が長引かなければ使う機会がないってバランスにするかと思われます。
 その代わり組み合わせの制限は極力無しにしたいところ。例えば回避の能力を基本にして残り4つを攻撃系の能力にすると回避判定をトリガーに攻撃を行うとか、セットアップに使用する能力を基本だとセットアップに攻撃できるだとか、特殊能力の取得でキャラの個性化が出来ない分この辺をいじれるようにしたいですな。

 特殊能力はひとまずクラス1つに10個くらいに絞ろうかと思案中。テンションの縛りがないので上位系の特殊能力ってのがなくなりますからね。上位系は必殺技で再現ですね。
 あと、攻撃側有利の特化のために回避、防御、回復系の能力は1セッション1回の使用制限付が殆どになると思います。ただし、「回避判定のボーダー値を−1」のようにちまちましたものはなくして絶対回避、絶対防御、完全回復などといった極端な能力にするのが良いでしょうね。

 ちなみにテンションさえあがってしまえば必殺技に使用制限はありませんが、上記のように回避基本で必殺技を組み上げると回避系特殊能力の使用回数に引っかかってしまうという事になります。使い勝手が言い分だけその反面って感じですね。

 あとテンションによる判定の達成値上昇はもちろんありです。これがないと攻撃側有利&戦闘の長引き防止がありませんからね。
 特殊能力の組み合わせは出来ませんが、移動、攻撃、その他の武器の持ち買えなどの行動の組み合わせのようなものはありでよいのではないかと考えております。

 と、何だか一気に餅米が復活してますねん。日記の書き方が明らかに違う(笑)。
 今日は特殊能力の話でしたが大幅に変わるのはキャラ作とエクストラ設定に関してなのですけどね。特殊能力関係もそうなのですが、元のコンセプトを特化しまくるという仕様になってるようです2bは。
 要素の変更にしても追加よりもいらないものを削るという変更が多いのも特徴かも。要素を減らすって感じではなくまとめて簡潔にするって方向に持っていければよいですな。

余談
 ちなみに2b対応のエキスパッションは”雪月花”になる予定。
 おかカフェは2aのまま現状維持。セッションの方も途中ですしね。


2005年8月30日  アナザー 

 風邪引きさんで一回休みー。
 ルールの考えすぎで知恵熱が(何ッ……ではなく、ここの所朝晩は涼しくなっているのですが、オフセ帰りの夜中に半袖いっちょでバイク乗って帰ったのがいけなかった模様。

 とりあえず今回のルール改訂は、修正ではなくまったく別バージョンの作製って感じで行くのが良いかと思ったり。
 現在のVer2はこれあこれで完成みたいなものですからね。後は特殊能力のバランスぐらいで他は弄るところがなくなったからこそTRPG話が少なくなっていたわけで。
 ここは一つ別の可能性の模索って方向で進めていくのが良いかもしれません。


2005年8月29日  Jokulhaups 4RR 

 こういう微妙な餅米の時なら追加ではなく要らない部分を削除する方向でルールを修正することが出来るかも、と思いながら色々考えていたら妙な方向に大暴走
 削除どころから思いっきり変えてしまおうか知らんとかいう考えが出てきましたよ。

 いえですね。最近気になっていたのが特殊能力ゲーになってきている部分とキャラ作の面倒さってのがあったのですよ。その辺を考えていたらもう修正はいりまくりでしてね。

 まず前者なのですが、もともとMEって存在点ゲーなのですよね。
 こと戦闘に関して言うと攻撃側に有利な状態で進む中、存在点を消費して回避を行う。HPの削りあいではなく互いに存在点を削りあって戦うってのがMEの初期のコンセプトだったはずです。
 それがどうも特殊能力中心の戦闘になってるような気が。いや、「気が」というか組み合わせのルールとか意識的か無意識かそういう方面に向かう修正がなされていたわけですけどね。
 また、他にも組み合わせがどうのこうのって戦闘中に考える時間をどうにかしたいという話もあります。考えた所で結局たいしたことが出来ないませんしね。
 まぁ、時間がかかる要因としては組み合わせよりもエクストラ設定でいつでも特殊能力を取得できるため、その部分の選択肢で時間を食っているって話もありますけど。これもどうにかしたい所。

 とはいえ別に特殊能力をなくしたいわけでなく、もっと必殺技的な位置におきたいのですよ。常用として使うのではなく切り札的なところにですね。

 んで後者。キャラ作に関しての話なのですが、設定からの固定化って作業が現状だとあまり機能してないのではないかという話があるのです。既得で職業、スキルクラス部分は殆ど埋まっていたり、あとは不才天才や限界突破などでの半ば穴埋め作業になっているようなないようなって感じなのですよ。
 特徴といったところでそれほど種類があるわけでもなし、エクスパッション毎に特色があるわけでもないですしね。
 あとは、持ってない演出効果を取ったり取らなかったりの選択肢。ぶっちゃけ演出効果の類は全て既得にしてしまってよいのではないかと思ってます。

 技能が廃止されて設定の使用と言う案が出てきた事で「こういう技能を持っているからこの行動は得意だ」ではなく「こういう設定があるからこの行動が得意だ」という変更がありました。
 これと同じく特徴も設定の中に取り込んでしまってよいのではないかと。

 ……ふぅ。思考が色々な所に飛んでいる上にそれぞれがある程度までアイディアが固まっているもののまだまだ中途半端なので、いつにもまして文章がまとまりませんな。
 もう、餅米はギンギンなのですけどね(笑)。
 アレですよ。同人ルールなんて変に完成したと思ったらいかんのですよ。あーでもないこーでもないっていじっているうちが花のような気がします。
 出来上がったものを一度ぶち壊して再度作り直すってのが良いのかも(爆)。

 テンションと距離の戦闘ルールや、いまだ完全にまとめきってませんがシチュエーションルールは今のままでよいと思うのですけどね。
 これでファイナルアンサーだと思っていたキャラ作製部分に手を出すとは思ってもいませんでしたよ(笑)。

 つづくー。


2005年8月28日  連合VSザフト 

 連ザフやってきましたよー。
 連邦VSジオンとかエゥーゴVSティターンズとかのガンダムSEED版です。
 対戦ゲームなので人の多い所ではなかなかやりにくいのですが、一人プレイ専用台ってのがあったのでゆっくり遊んできました。
 ソードストライク、フリーダム、イージス、バクゥと使ってみたのですけどイージスが良い感じですな。スキュラの大火力やビームサーベルは2刀流だったり好みの機体。
 色物MA形態での組み付きもありますしね。

 しかし、今回の連ザフはSEEDが題材とあって派手ですな(笑)。逆にこれくらい派手な方がゲームとしてやっていて面白いので良いのですけどね。フリーダムの七色ビームとか使っていて楽しいですよ(爆)。
 空中戦多可なSEEDだけあってブースターの持続時間が長くなっていているので機動性もUPして好印象。
 あと、何気に地面のあるステージしかなかったような気がしますよ。ヤキンドゥーエ戦でも地面がありましたし。
 連ジでもエゥティタでも宇宙ステージは面白くなかったですからね。これは素晴らしい変更点かも。

 PS2版が早く出ませんかねー。エゥティタの時は結構早くに出た記憶があるのですが年末くらいでしょうか。
 アストレイ関係の機体追加とかほしい所。
 そしてディスティニー版も作ってほしいですな(気が早い)。

 って、やっぱりSEED好きだな自分……。

余談
 TRPGネタは現状だと平日でないとやりにくい状態ですな。
 週末はどうしても裏とか散在日記とかの写真ネタになりそう。


2005年8月27日  最萌えゾイド 

 解体される前に写真を撮っておくテスト。
 いや、 この日記を書いている時点では既に解体されているわけですがね(何ッ。

 というわけで今日は裏更新ですよん
 いやぁ、やっぱりジェノブレイカーは格好良いですね。エクスブレイカー最高だなぁ。


2005年8月26日  ぷち散在日記 

 天神にいったらメイドさんがいた……。
 そういや、メイド喫茶が出来たって言ってましたな。まさか魔の三角地帯に出来ているとは(笑)。
 ジーストアが移転した分を補って余りありますよ。

 というわけで本日の収穫。

 昨日言っていた「ガンシ・ェル・ガーディアン」とローゼンメイデン5巻の初回限定版。
 ローゼンの方は別にブランクのCD-RやDVD-Rというわけの分からん特典はいらんのですが、限定版という響でとりあえず買ってしまうという悲しい性(笑)。
 しかし、裏がああなってからはローゼンはちょっと違った読み方に(何ッ。

 

 てなわけで、昨日言っていたBJPMなのですけどこんな感じです。
 カプセルにも入る大きさと言うこともありかなりサイズ的には小さいですね。裏と絡めるには難しいかな(笑)。
 一応、全12種となっていますがあくまで作例が12種って感じですな。パーツ自体は共通していますからね。まさにブロック玩具。

 ちなみにボックス版だけでカプセル版はどこにも売ってませんでした。内容は同じなのですけどね。
 白とか赤とかのあかるい色がカプセル版にしか入っていないと言う罠。
 とりあえず組んでみるとしても色の組み合わせがネックになりそうですね。


2005年8月25日  ブロック的玩具 

 TRPG話は一回休み。風化する前に書いときたいネタがあったのでそっちをしていきますよん。

 現在、ちょっと注目しているものとして「BJPM」というものがあるのですよ。ブロックジョイントプラスチックモデルと呼ばれる5mmのボールジョイントで繋げていくブロック的なアイテムです。
 公式サイトがあるのでそこで実物を見てもらうのが早いのですが、方向性としてはゾイドBLOXに似ているでしょうか。BLOXみたいにキャラクター性が強くないので、オリジナル癖がある自分としてはこっちの方が良いのですよ。
 レゴとかダイヤブロックのような立方体パーツを組み合わせるのではなく、ある程度形の決まっているパーツを組みあわせるタイプです。

 このBJPM。もとは同人で作られていたものだったりするのですよ。
 同人のプラモデルと言うことで少し話題になったことがありました。
 実はメロンブックスで売っているのを見かけてその同人のころのアイテムをいくつか購入していたりします。買っただけでそのまま放置して行方不明なんですけどね(泣)。
  きちんと探せば出てくるかと思うのですが、前に趣味が裏シフトにあわせて押入れの中を整理した時に奥に治しこんだ記憶が。

 まぁ、ともかく。そのBJPMが商業ベースになりまして「ガン・シェル・ガーディアン」としてブラインドボックスとカプセルの2種類で発売されているのです。
 発売されているのですが、さすがにマイナーもマイナーなためか近場では見つからず。
 公式サイトでメンバーショップとしてとらとメロンが載っているので週末に久しぶりの巡礼がてら探しに行ってきたいと思います。発売から一週間出遅れてるわけですが微妙っちゃ微妙な所ですな。
 狂想曲になりそうならば、いざとなったら通販でまだ取り扱っている所もあるのでそっちかな。

 スティックファスやダイヤブロックの例もあるようにブロック玩具の類は不発に終わることが多いのですけどね。買うだけ買ってというパターンに陥りやすい。
 裏と絡めれる事が出来ればまた別でしょうけど(爆)。
 いや、一度話のネタにしようと思っていたのですが裏の企画成功率=有言実行率って異様に高いのですよね。改造とか小物作りにしても縫い物関係にしてもメカ○○関係にしても、言ったことは結構実行して完成させてるのですよ。
 表は企画だけで放置だとか途中まで作りかけて放置とか多いのに裏だけ異常(笑)。この辺は、きちんと追求する必要があるかもしれません(爆)。

余談
 ちなみに第二弾として「ガン・シェル・ドールズ」というものが出るようなのですが、こっちのほうが直球ストライクゾーン。クリックでラインナップの画像が見られますが、ほらあの辺がど真ん中ではないですか。
 あえてどれがとは言いませんけどね(笑)。


2005年8月24日  星夢新バージョン 

 スパロボIMPACTはロム兄さんがあまりにも格好良過ぎるために、マシンロボ連中が仲間になるまでは頑張って遊べそうな気がする今日この頃。
 というわけで星夢の話です(アレ?

 まぁ、しばらく話があちこち飛ぶのはキニシナイ方向で。
 TRPG話が復活すると日記用に取っているネタが消化されずに風化しそうなのがあれですけどねーと思いながら星夢なのですが。
 スクエアでの戦闘を対戦シューティングライクにすることで得られる一番の利点は、PCと敵のをデータ的に同じ扱い処理できるって所ですね。
 もともと、スクエアでの戦闘はボス敵の弾幕の種類やらなにやらと特殊なルールが多かったですからね。それがかなりすっきりして通常戦闘に近い形になると思います。
 特殊なルールもそれはそれで良いのですけどね。

 とりあえずイメージとしては通常攻撃でゲージを溜めて弾幕攻撃って感じでしょうか。えぇい、いっそ名称もエキストラアタックとボスアタックのまんまで行きましょう(爆)。
 イメージの沸かない人は「ティンクルスタースプライツ」か「東方花映塚」を参照ですよん。個人的には完全に花映塚のイメージなのですけどね。後者の方は体験版もあるので気になる人はチェック。

 ショット攻撃ではザコ敵を倒して敵に弾やザコ敵を送り込む=通常の攻撃と回避判定。攻撃の達成値が高いとザコ敵を連鎖して倒すと言ったイメージですね。
 エキストラアタックでの攻撃は達成値が一定以上になった時に効果を発揮するキャラ固有の効果をもった攻撃でしょうか。
 で、ショット攻撃の達成値=ゲージの増加。ゲージが溜まるとボスアタックですね。
 ボスアタックは色々な弾の種類を組み合わせた弾幕攻撃。ゲーム的には特殊能力の組み合わせに近い感覚ですな。
 ただ、その場で組み合わせを考えるよりもキャラ作時に作っておくという方が時間短縮になっていいかもしれませんね。

 と、まぁひとまずこんな感じ。
 長文化しているような気もするので餅米が戻ってきたのかな?

 つづくー。


2005年8月23日  餅米復活大作戦 

 今日は久しぶりに仕事中にTRPGのネタを考えてましたよ。餅米が低下してからここしばらくまったくなくなってましたからね。
 とはいえ、帰宅後まで餅米が維持できないってのはまだまだですな。

 と言うかですよ。
 最近の餅米低下の要因の一つはおかカフェのばかりやりすぎたって話があったりなかったり。
 ルールいじりにしろセッションにしろおかカフェばかりやってましたからね。
 基本的に移り気の激しい性格=熱しやすく冷めやすい(たまに色々と沸騰したままで同時進行癖もありますが)性格なので、今まではちょこちょこいろんな方面に手を出していたのですよ。
 事ある毎にルールを変えたり新しい世界を考えてみたり、そうやって餅米が保たれていたのではないのかと。

 なんかグダグダし始めたのがおかカフェのサードシーズンからというような気もしますしね。セカンドシーズンが終わって一度「”雪月花”境絵巻」とか作っていたのですが、結局そのままおかカフェを続けたと言う部分。
 この度の大恐慌の原因の一つがそこにありそうなのですよ。

 もちろん、最大の原因は裏でしょうけど(爆)。
 いや、裏がああなってからも3月、4月は普通にTRPGの餅米も高かったのかな。今読み返してみると、その時の日記の内容ってカレイドクロックとか卵殻なんですよね。
 やはり常に新しいことをしてないといけないらしいですよ(笑)。きっと泳ぐのをやめたら死んでしまうとかそのノリですな。

 というわけで、オンオフともにおかカフェはしばらく放置の方向でお願いします(何ッ。
 皆さん何とぞご協力をば。カレイドクロックの時は突然やったために色々アレでしたからね。何か突然新しいものを始めだすって心構えをヨロ(爆)。

 さて、問題はだからと言って何をやるのかって話があるわけで。完全に新しいものをやるってのはさすがに現実味がナッシング。
 となると先日話に出ていた星夢や作りかけの卵殻や境絵巻。ただ、この辺は単純に特殊能力を考えるだけなので餅米の維持がなかなか難しいのですよね。
 ぶっちゃけ、特殊能力のバランスとかなんだとかを考えるのは面倒な口ですし(笑)。おかカフェでその辺は辟易だったりしますしね。
 その中で仕事中に考えていたのが未完図書館。

 これだと戦闘系の特殊能力ってのは今の仕様だと新規に作る必要がありませんからね。
 ただ、未完図書館はGMのマスタリングやPLのプレイングに要求するものが大きいってのがネックですな。
 基本的にはSTGを使った即席セッションに近い雰囲気なのですが、それ以上にGMにアドリブ、PLにシーンを自ら考えるという能力が必要になってくると言う。
 まぁ、難しいことを言ってますが一番必要なのはその場のノリなんですけどね(笑)。通常以上にセッションを楽しもうっていう能動的な心持が必要と言う感じですな。

 STGでバカノリできるなら問題ないとは思いますけど(爆)。

 つづく?

余談
 とりあえず、何かできるまでGMのやり手がいない時はSTG使っておかカフェとか”雪月花”とかキャラがあるものをやるかと思われという感じでー。


2005年8月22日  初体験 

 先週の話です。先々週購入した(音速がとことん遅い)ジェノブレイカーを組み立ててみようとした所、

 ボディーパーツが両方とも右のものが入ってました……(泣)。

 中心部も中心な部分なのでこれじゃにっちもさっちも作れません。
 仕方がないのでトミーのお客様相談室へ電話して左のパーツを送ってもらうことになりました。
 「なにぶん古い商品なので在庫の確認に時間を頂くかもしれない」&「在庫が無い場合もある」との事でしたが、つい先日再生産されたばかりなので安心して待つことに。
 まぁ、元は5年前くらいの製品ですからね。電話対応のおば……もといお姉さんは再生産の事まで知らないでしょうしマニュアル対応ですな。

 で、二日後に左のボディーが宅急便で送られてきましたよ。
 受付日を見てみると電話した当日に発送しているようでした。さすがに欠品対応だけあってすばやいですね。高感度アップ。

 しかし、今まで星の数ほどゾイドを買ってますがこの手のトラブルって何気に初ですよ。
 プラモデルやらその他の玩具でも欠品とか不良品とか記憶にある限りありませんでしたしね。
 初体験、初体験。あまり経験したくない事柄ではありますが(笑)。

 さて、余った右のボディーはどうしましょうかね。部位が部位だけに他に活用のしようがないですな(爆)。


2005年8月21日  ロボ好きとスパロボの関係 

 N氏がスパロボをやっているのを横で見ていたら無性にやりたくなってきたので、クリアせずに放置してあったIMPACTを引っ張り出してきて遊んでみる(笑)。
 さすがに昔の作品だけあってグラフィックとかシステムとか第三次αと比べると見劣りしてしまいますな。
 特に戦闘シーンの早送りやら中断がないのがなかなか辛い。いや本当にこの二つのシステムは素晴らしいシステムですよ。
 戦闘アニメーションは見たいけど全部見るのもアレってときに重宝しますからね。ザコ敵のモーションだけ早送りしたり、ザコ敵の反撃の反撃は見なくていいから中断したり。痒い所に手が届くってのはこういうことをいうのでしょう。ユーザライクな良システム。

 しかし、αは第一次しかやってないので第三次をやるなら第二次からしたいと思うのが人の業。外伝はやらなくても話的には問題ないという事なのですが、ヴァルシオーネのことを考えると外伝もやっておきたいという意見もあったり。

 さんざんロボ好きの割にはスパロボってほとんどまともにやってないのですよね。この辺なにげに七不思議ですよ。
 F完結編とコンプリートボックス。そしてIMPACTくらいですからね。持っているスパロボって。
 しかも、IMPACTは限定版のアルトアイゼンフィギュアが目的だったと言う(笑)。 

 というわけで、今日は裏更新。
 多少TRPG餅米が出たところで裏が低くならないとなかなか復活とはいかないというリフレイン。赤服の次は銀さまいってみようとかいう企画も上がってたり留まる所を知らぬ勢いとはこのことか、ですな。


2005年8月20日  補給装置 

 ビートのディシプリン4巻で物語分を補給
 この間出たブギーはいまいちでしたがこっちの方は面白かったですよん。回収した伏線以上に次への伏線の方が多かったような巻でしたけどね(笑)。逆にそっちの方が好み。
 そして、ネギまの11巻でさらに物語分を補給(何ッ。

 それでもTRPG餅米が復活するほどではないのですけどね。
 裏が下がらんことにゃ並大抵の物語分じゃひっくり返すには無理そうな状況。
 まぁ、玩具関係のネタもまだまだ沢山溜まっているのでしばらくこの調子で行きたいと思います。

 とオフセ前日に書いていたらオフセ後にちょっと餅米が出てきたと書いている次の日。20日記を19日と21日に書いてるって訳の分からない状況になっとりますな(笑)。
 とりあえずですね。日記で色々書くだけの餅米がほしい所なのですが、星夢でもちょっといじってみようかと思い中。東方花映塚の店舗売りでも始まればこの辺の餅米は凄く上がりそうなのですけどね(爆)。
 星夢は普通のシューティングゲームよりも対戦シューティングを元のした方が戦闘は旨くいけるような気がするのですよ。


2005年8月19日  ジージートレイン 

  

 この間、タカラがモーター付鉄道模型の食頑を出していたかと思えばバンダイも同じようなものを出していた模様。競合、競合。
 こっちはお菓子が付いてないので正確には食頑じゃないのですけどね。

 で、いつもののりで一個かってみたのですが案の定モーター付車両は出ない……。カプセルプラレールにしろ動力付車両はでない運命にあるのですか(泣)。
 まぁ、一個買ったくらいで出るようなアソートにはなってないと思うのですけどね。
 パッケージで世界最小の自走式鉄道模型とうたっているだけあって小さいです。前回のマイクロゲージよりも一回り小さい感じ。

 ただし、ディテール的にはマイクロゲージに軍配があるようですね。どうもこっちはおもちゃおもちゃしている印象を受けます。

 比較。
 ここまで小さいと多少のサイズ差よりも模型としての出来そのものがネックですな。
 「EF-81」と「新幹線」というラインナップ的にも個人的にはマイクロゲージのほうが好み。

 ヨドバシの店頭からは消えてしまいましたが、再入荷でもされたらやはり箱買いしてみようかなマイクロゲージ。


2005年8月18日  SS受け取り 

 通販でコンビニ受け取りってのは良く見ますが、ガソリンスタンドでの受け取りって始めてみましたよ。
 面白そうなので利用してみるテスト(何ッ。

 いや、まぁそこくらいしか探している物がなかったという話もあるのですけどね。
 あと、この手の店舗受け取りだと送料が唯ってのが良いですな。通販のネックですからね。
 いくら以上かったら送料タダって所は多いですけど、逆にちょっとした買い物の場合だと送料の方が高くなって悲しくなると言うパターンも。

 受け取りに行く手間ってのもありますけど、配達だとしても殆どの場合不在で再配達って感じなので帰りに受け取って来る方が早い事もあるので意外と受け取りに言った方が良かったり。

 と、ダラダラ書いとりますが現在転寝して起きたら4時……。もう寝ます……zzz


2005年8月17日  玩具的誤植の色々 

 今日はちょっと小ネタを一つ。

 結局、通販で購入したハヤテライガーなのですがこの写真には大きな間違いが存在します。
 いや、ほんと普通ならありあえない間違いが、レッツ間違い探し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 答え。
 箱の上面に書かれている名前がムラサメライガーになってるのですよ(笑)。誤植も誤植ですな。
 GZ-10とナンバリングまで間違っているので箱のレイアウトをする時にムラサメのものを間違ってと言う幹事なのでしょうか。
 フラゲした人が発売日前に見つけたくらいですから、ちょっとチェックすれば分かりそうなものなのですけどね。生産してしまってから間違えに気が付いても、製品仕様に問題があるわけでないので初期ロット分は出荷してしまうっておちもありそうですけど。

 まぁ、トミーは以前にも「ベアファイター」を「ベアフャイター」に間違って前科もありますしね(笑)。
 誤植と言えばGFFのパーフェクトガンダムのシールドにマーキングされている「perfect」の文字が「perfcet」になっていて、パーフケットガンダムとという謎のガンダムになっていたと言うのもありましたね。箱の文字ではなく、製品そのものの誤植なのでバンダイのほうがランクが上ですな(笑)。

報告
 前から上にバナーを貼り付けておいた「32条見直し反対運動」の件ですが、反対活動をなさっていたサイト様からメールが届きまして。3595名分を7月に厚生労働省に提出ものの今回の衆議院解散に伴い法案自体が廃案になったということです。
 活動に関する事後報告などはこちらに記載されているようです。


 

2005年8月16日  マイクロゲージ 

 というわけで、昨日の写真にあったタカラから発売されている「マイクロゲージ」です。

 まぁ、相変わらず機関車がない上に客車も北斗星とトワイライトエクスプレスという統一性のなさ(笑)。
 サイズ比較の10面ダイスからも分かるようにかなり小さなモデルとなっております。コーヒーについてきたフィギュアと同じくらいのスケールですね。

 

 小さい割には細部まで良く出来ていまして内部の座席も作られていたりします。
 300円という値段で手に入れられるリアルも出るとしては結構いい感じなのではないのでしょうか。Bトレインのディフルメ具合が性分に合わなかった身としてはこっちの方が好みですね。

 ただ、これの魅力はそれだけではないのですよ。
 マイクロゲージにはなんと「モーター付き」の車両も入っているのです!!
 このサイズのリアルモデルで動力付きですよ。しかも300円というお値段で。

 技術的にはデジQ関係のシリーズをやっていたタカラなので問題ないのでしょうが、やはり300円の食頑でってところが凄いですな。
 ぶっちゃけそこに引かれて購入したわけですが……まぁ、早々簡単にはでないわな(笑)。
 動力車は話によると1BOXに1個のアソートらしいです。
 箱買いすれば必ず動力車が入っているのならば、良心的といえば良心的なアソートかもしれませんね。
 客車とか動力なしの機関車には直線と曲線レールが1本ずつはいっているので、どの道レイアウトを組もうと思えば1BOX=10箱くらいいりますしね。編成的にも客車は多い方が映えますし。

 定価で1BOX=3000円なので、機関車(モーター付)1台+客車が6、7台で動力無しの機関車が1、2台入っているとしても値段との釣り合いは十分に取れるというかお得な気がしてきた。まだ売ってたら箱買いしてこようかな(爆)。

 ちなみにショップなどで単品で買うとモーター付は1500くらいなので、やはり箱で買ったほうがよさそうですね。


2005年8月15日  購入物の法則性 

 もう、先々週の話ですがオフセの前にヨドバシで購入して言った食頑。

 左から「マイクロゲージ」「ORE-GUN2」「ぷちメイクボックス」「スターウォーズ ヘルメットコレクション」です。
 「マイクロゲージ」は見ての通り電車のフィギュア、「ORE-GUN2」は裏で使用したアレですな。残りの二つは呼んで字の如く。

 昔から興味対象が広かったのは広かったのですが、それに加え裏関係の物が+されたのでさらに手に負えなくなってきたような気がしますよ(笑)。食頑ひとつみてもこれですからね。
 というか、上のは購入物に統一性がなさすぎ(笑)。
 なぜか、「ORE-GUN2」「ぷちメイクボックス」とさらにエロゲのフィギュアを買っていた背の高いモデル体型の女性がその時いたのにはビックリしましたが。しかも、手量りしてましたからね。
 「ぷちメイクボックス」とエロゲのフィギュアはこう可愛いもの系で分かるとしても「ORE-GUN」がちょっと異色。

 世の中、いろんな人がいるものですね。いや、人のことは言えないわけですけど(爆)。


2005年8月14日 

 ビートのディシプリンの4巻を読書中。久しぶりに集中して読書している気がしますよ。
 読書量は激減しているものの何だかんだで上遠野さんとか西尾維新とかの新刊は買って直ぐに読んでるのですよね。あと、最近まったく出てませんが「悪魔のミカタ」とか。

 その辺はこっち方面の作風が好きって事なんでしょうかね。

 というわけで今日も裏更新です。
 なんだか、一仕事終えた充実感があるのは気のせいでしょうか(爆)。


2005年8月13日  色々積まれてます 

 いかん、裏用の製作物を完成させてミクシィーにちょこっと書いたら力尽きて寝てしまいましたよ。そんで起きたらもう朝を通り過ぎて昼前だという罠。

 アレですね。ミクシィーは表には載せられない裏用のネタで、裏を更新するほどでもないor時間がない時に使っている感じですね。何だかんだで○響○んの写真しか載せてないような気もしますけど(爆)。

 ジェノブレとかデス様とかハヤテライガーとか買ったものの裏のアレを作ってたので組み立てる暇なし。
 お盆と言っても相変わらず特別に休みが増えるわけでもないのに、お盆ならではの用事が色々あって時間がないですからね。だからこそ、気合を入れて裏のアレを昨日完成させたわけで(笑)。
 せもてハヤテぐらいは作りたいなー。  


2005年8月12日 

 餅米の方向は裏に向いているようです(えー。
 ゾイドを色々かったはいいが作る暇もなくお○縫(爆)。


2005年8月11日  多々買いが激化してきたような 

 再販分のデスザウラーとジェノブレイカーを確保してきたー。
 1/100ディスティニーはサイズ比較用。いや、分かっていたことですが箱がでかすぎ。原付で持って帰るにはかなりきつい大きさですよ(笑)。

 しかし、各地でジェノブレは売り切れだのなんだのという情報が出ている中、やはり福岡は平和ですな。仕事帰りの夕方によってもぜんぜん普通に売ってましたしね。
 ザらスが各店30分程度で移動できる範囲に3件あるのでいい具合に分散されるって話も。
 そういえば、この間書いていたハヤテライガーの特典のパイルバンカーはザらスで普通にもらえた模様。
 実は既に通販済みだったりするわけですが、さすがに上の2つに加えてハヤテライガーなぞ買った日には積載オーバーしてしまうので良かったかも知れません(爆)。

 さてと、買ったいいがいよいよ置き場所がなくなってきましたよ。
 この間、押入れを整理してスペースを空けたのですがもういっぱいいっぱい……ゾイドは置き場所も保管場所も食いますからね。


2005年8月10日 

 Y氏に負けないようにうちも次のステップに移行するのですよ。
 いや、まぁ裏関係なのですが(爆)。 


2005年8月9日  再販復刻祭 

 なにやらY氏が素晴らしい企画を実行中のようで何より。
 いつも裏関係のことではたきつけられてばかりだったので今回の企画は楽しませてもらいましょう(爆)。
 兄和国とはうまくいったものだなーと感心。

 などと思っていたら、デッドボーダー復刻きたー。
 12月にトイズドリームプロジェクト(流通限定の企画)で復刻決定のようです。旧後期のゾイドはまったく持っていなかったので色々とほしいものがあるのですが、デッドボーダーはギルとならんでほしかったものなのでワクワクですよ。
 しかも、ギルベイダーと違って復刻なのでさらにOK。

 ゾイドの場合、再販と復刻とでは意味合いが違ってくるのですよね。
 一般的に再販とう場合には、現行シリーズとして販売される形となり殆どの場合色が違っているのですよね。この間のギルがいい例ですね。
 で、復刻と言うと色は昔のまま、パッケージも昔のままの極力昔発売された状態に近い状態で発売される時に使います。当然、パイロットもメッキパイロットですな。

 しかし、今年はギルの再販とかデッドボーダーの復刻とか以前から要望の高いゾイドが色々とでるという凄い年になってますね。噂ではガンギャラドの再販もあるとかないとか。
 まぁ、ある意味再販、復刻のネタがなくなって旧後期にまで手を伸ばしてきたって意見もありますけどね(笑)。
 ギルなんてトミー的には、旧シリーズからのファンを引き止めておく餌みたいな意味合いがありましたからね。ギルが再販されるまでは……というような。
 ギルの場合、色が色なので完全復刻と言う餌はまだ残っているわけですけど(笑)。

 そういえば、今週はトイザらス限定の再販物(上記の区別にあわせると再生産物が正しいかな)が発売されるのですよね。何はともあれデスザウラーとジェノブレイカーは確保しておきたい所ですね。
 あと、今週発売のハヤテライガー。予約特典で金色のパイルバンカーが付くのですが、散々持っているカスタマイズパーツのリペイントなのでスルーしていたものの相変わらずこの時期になるとほしくなってくるある意味病気。
 ムラサメライガーの特典もビックでもらえたので、ビックまで買いに行って見ましょうかね。問題は、今週は天神に行く暇があるかどうか。

 と、個人的にはゾイド熱は下がってきたと思っていたのですが何だかんだで買うもの一杯。
 下手に購入物の方向性が広くなってる分、去年のアムドラ一本やりより性質が悪いかもしれませんな。


2005年8月8日  なんだかんだで 

 なんだかんだ言っても旧主人公VS新主人公ってのは燃えますな。ミネルバVSアークエンジェルってのも良いですよ。と前回の種デスの話。
 まぁ、シンが主人公かどうかってのは毎度の事ながら微妙な所ですけどね(笑)。

 相変わらずストライクフリーダムの登場の時にはTMレボリューションの挿入歌がかかってましたし、扱い的にはキラ+フリーダムの方が上ですしね。
 相変わらずと言えば、いつものようにピンチに上空から登場するフリーダム。無印あわせると今回で4回目くらいじゃないですかこのシチュエーションは。大気圏外から高速で飛来ってのも無印の頃にフリーダム初登場時にやってますしね。
 しかも、今回はインファニットジャスティスと手を繋いで登場という、擬人化して考えるとそっち方面の方々が喜びそうなシチュ(笑)。

 他にもビームを弾くどころか跳ね返す金色のMSとか、ドムのジェットストリームアタック(実際に劇中で叫んでます)とか、対艦刀を白羽取りするストフリとか見所満載ですよ(笑)

 というわけで、1/100「ストライクフリーダムガンダム」。
 いや、なんだかで好きなのですけどね、フリーダム(と、このポーズ:爆)。
 ディスティーと同じく初回特典でスタンドとアクションポーズ用の股関節付です。

 プロポーションとか可動とか結構不評のようですが個人的には問題ないですな。羽の形とかフリーダムより好みかも。
 ただ、レールガン移動ギミックのせいで腰がまったく回らないというのはどうかと思いますけどね。1/100フリーダムではできなかったハイマットフルバーストがマスターグレードでは出きるように、「マスターグレードも出すからそっちも買ってね」というバンダイの思惑が見え見えで。
 ハイマットフルバーストと違って技術的にも価格的にも問題なく出来そうなところだけに特にかんぐってしまいますよ。

 まぁ、どのみち腰が回ろうと回るまいと最終的には裏よ(ry……とか言うとまたU氏にニヤニヤされてしまうのでやめておこう(笑)。

余談
 ストライクフリーダムとインフィニットジャスティス。
 攻撃自由無限正義って組み合わせがある分今までにもまして凄い名前になってますな。自由と正義の意味合いが凄い不安になってくる名前だ(爆)。
 まだ変更前のスーパーフリーダムとナイトジャスティスの方が……どっちもどっちか。


2005年8月7日 

 ジナイーダールートの最終ミッションがクリアできない……。
 S取りまだしもクリアできないってのは初めてですな。まぁ、昔ほど根詰めてやってないって話もありますけど。
 結局、LRはB操作(=旧操作)でやっていたのですが、Wトリガーで行かないと火力不足のようなのでちょっとA操作に慣れるためにアリーナで特訓してこよう。

 というわけで、今日は裏でーす。

 って、あっ!!
 いつの間にか5万ヒット超えてるではないですか。
 5周年記念ともども、現状だとうやむやのうちに流されそうな気がひしひしとー。


2005年8月6日  現状解析 

 最近ですよ。本だけでなくアニメすらも見る本数が激減して物語分が不足しているような気がするのですよね。。毎週必ず見てるのはゾイドと種くらいかな?
 そのせいで表的な餅米がいまいち振るわないのかと思ったり。
 昔から何かの作品に影響受けまくりでTRPGのルールにしろ世界観にしろ作るってのが常でしたからね。

 まぁ、星夢とか図書館のようにゲームのデモに起因するものも多くあったりするわけですが、デモとかもも全然見ることがなくなっている罠。

 逆に裏を中心にした造形物関係の餅米は最近の多々買いで相乗効果ですからね。ゾイドとかプラモとかミニチュアとか。
 思えばちょうどMEを色々いじっていた時期ってゾイドとかガンプラとかまったく買っていなかった時期と被るのですよね。去年はアムドラで手一杯だったという話もありますけど(笑)、アムドラは購入して飾っとくだけなので作るという要素はなかったですし。その後、裏があの状態になって今に至るですからね。

 物語分が減ってろ所に造形分が増えてるので余計にって所なのですな。
 とりあえず、物語分補充のために手っ取り早いところでデモムービーあさりでもしてみようかしらん。  


2005年8月5日  ACLR2日目 

 ごめんLR最高です(何ッ。
 いやですね。ザコ敵の後にACが1機出てきて、そのあとにさらにもう1機出てきたのですよ。その時点でリニアライフルの残弾が7発。
 直ぐにライフルもEOも弾が切れて残りは月光のみに。
 しかも、やたらと飛び回るACだったのでこりゃだめかなと思ったのですが、空中斬りを2発当て右腕部を2次破壊まで追い込んで何とか残りAP500で勝ったときには身震いしましたね。

 現在、5週目(笑)で達成率は100%……アレ?
 まだ出ていないミッションとか20以上あるわけですが。そういや前にも達成値が100%超えるがありましたけどね。今回もそういう仕様かな。

 発売前の懸念を吹き飛ばすほど今回は良い感じですね。熱とか出力とかSLまでと比べると若干の不満はありますが、ぜんぜん許容範囲内かと思います。
 NXからこのバランスで……ってのは、まぁNXの反省点を生かしてということで納得しておきましょう。マルチルート&エンディングもNXの良くわからないものからちゃんとしたものになってますしね。
 そう考えるとやはりNBが何だったのが……。アレはバランス云々以前にゲームとしての問題が根本に(ry。

 とりあえず、今回は前パーツ取得まで頑張れそうですな。


2005年8月4日  ACLRインプレ 

 というわけで「アーマードコア ラストレイヴン」の発売日ですよー。
 そこまで期待はしていなかったのですが、これは中々良いではないですか。熱の仕様そのものに関しての不満はありますが、NXに比べるとはるかにましなバランスになっているようです。
 熱以外に気を配ってもぜんぜん普通に動けるレベルですし。
 それに何より久しぶりに高機動戦闘が出来るというのは◎ですよん。軽2脚なんて使ったのはいつ以来だろうか(笑)。
 加速度の高いブースターと軽2脚だと切り返しも軽快でかなり動かしていて楽しいです。体験版の時からそうでしたが全体的にブースターの速度が上がっているのもありますしね。

 まぁ、ジェネレータの出力の低さは相変わらずなので、瞬発力はあっても3やSLのように持続力はありませんけどね。それでもNXよりもかなり快適です。

 ちなみに現在3週目で達成率は71%。まだ、出ていないミッションも沢山あります。
 アリーナの方は1位奪取済み。今回のアリーナは21位で以上に手こずった以外はサクサク進みましたよ。
 全編通してリニアライフル+月光、上位相手には軽実弾EOも使うというアセンブルで行きました。これならロケット装備でもいけるかもしれませんね。

 ただし、ミッションの方は全体的に難易度が高めのようです。
 ミッション自体の難易度と言うかミッションに出てくるACが強いのですけどね。2連戦とか2対1とかいう状況がザラなのですよ。弾もAPも足りない……左手の月光が死荷重しているって話もありますが(笑)。

 何はともあれNXより満足できそうで良かった良かった。

余談
 ブレードを当てるとなんだかサクサク部位破壊するのですがー。
 まともに2発入っただけで左右の腕とか2次破壊(腕がなくなって武器も使用不可)まで行きますからね。ブレードが部位破壊をしやすいならば対象は光明が出てきたかもしれません。
 当たればの話ですが(笑)。熱も溜まらなくなってスピードも上がってNXよりは当てやすいとはいえ、なかなか難しいですからね。
 まぁ、SL並みにサクサク斬れるとそれはそれでバランスがおかしなことになりそうですけど。


2005年8月3日  明日はACLR

 さて、明日はACLRの発売日ですよん。
 昔みたいに楽しみで楽しみで仕方がないって事はありませんがそれなりに楽しみ。当然ながら明日は有給とって休みですし、朝一で買いに行くつもりですし(笑)。
 以前なら1週間くらい前になるとそわそわし始めて前作をやり直してみたり、前日にもなろうものならドキドキしたものですが今回は落ち着いてるっちゅうか冷めてるというか。
 NXまでは何だかんだで楽しんでいたのですが、やはりNBがですねーというリフレイン。

 というか、NBにしろLRにしろ楽しみな新規要素がないのですよね。
 OBで高速移動が可能になったり、インサイドやエクステンションで装備の幅が広がったり、インサイドでコアの選択肢が増えたり、武器のパージが出きるようになったり、左手に銃を持てるようになったり、武器格納ができるようになったり、各作品何かしら新しく出きるようになったことがあったのですよ。
 それがNBの場合は追加要素どころかミッションがなくなってたりする始末(爆)。

 LRの新規要素は……部位破壊。これは武器破壊とか熱の仕様変更のように何かが出来なくなる方面の新規要素ですからね。その二つが散々不評だったいうのにまた嫌な予感がします。
 とりあえず、アクションゲームなのですから動けなくなったり撃てなくなったりする要素ってのは使いしても百害あって一利なしだと思うわけですが。

 と相変わらずACの話をするとネガティブな方面に突き進んでしまうわけですけど(笑)、何はともあれPS2最終作。沈みかかった船ですが最後まで付き合うとしましょう(爆)。

余談
 てか、既にPS3でフロムが作っているACっぽいロボの出てくるスクリーンショットが発表されているのですよね。
  PS3と同時発売とかされたらどうしようって感じですよん。


2005年8月2日 

 今日は裏でお願いしまーす。


2005年8月1日  カードゲーム 

 セッション餅米は盛り返してもルール作成関係はまだまだなので相変わらず日記ではぼちぼち行きますよん。

 マジック体験ゲームというのがあったのでやってみましたー。
 いつの間にやらM:tGも9版なんですね。自分がやってのは6版が出たくらいまでだったでしょうか。基本が3版もあがっているとなるとかなり時間がたっとるのですな。

 体験ゲームのほうは中々インターフェイスが良好で遊びやすいかも。
 まぁ、もともとが実プレイ用のチュートリアルなのでアンタップは一枚ずつカードをクリックせねばなりませんし、ライフカウンターは自分で動かさなければならなかったりするのですけどね。オンラインゲームならばこの辺が自動化されるのでしょうけど。
 あとは40枚デッキだったりどの色でも特殊能力のないクリーチャーばかりのデッキだったりは、趣旨が趣旨だけに仕方ないかな。

 今後カードが増えたVer2や中級を含んだ完全版とかも随時公開らしいので、ちょっと気にしておきましょうかね。
 カードゲームは今でも好きなのは好きなのですよね。時間とお金があればやるのですが、そのどちらともないですから(笑)。
 ロボゲー以外でもカードゲームならばネトゲーに手を出すって事があるかもしれませんね。


前に戻る

広間へ