雅趣なお茶会

お茶会記録>2006年10月


2006年10月31日 

 ずっと裏のターン(何ッ。


2006年10月30日 

 そして裏更新のループ。


2006年10月29日  疲労困憊 

 引き続き作業中にて表は放置(何ッ。


2006年10月28日 

 裏更新っ。


2006年10月27日  再誕 

 裏餅米久しぶりに超復活。
 作業中に付き縮小営業中。


2006年10月26日  久々にパンヤ 

 久々にパンヤ。そして久々にHIOキターと思ったらサーバーとの接続が切断されました……あぁ、せっかくのHIOが。あはは、よくあることだよね……。うばー。

 あっそういえばPPガチャが復活しましたね。数々の不具合を引き起こした機能だったのでこのまま黒歴史になってしまうのかと思ってたのですけどね(笑)。
 しかし、鬼回しで鯖が重くなるのを軽減するためか1日50回という制限付きでの復活。50回というと25000PPですか。少ないな(爆)。
 確率も以前と変わってないようですしいまだに黒ポンタの影すら見たことないですよ。
 レアの種類も増えたもののキャラ別装備なので仕様キャラの装備が出る確率ってどんなんよって言いたくなって来ます(笑)。
 まぁ、PPガチャですからね。それくらいのレアリティーでも良いって感じもしますけど。どのみち遊んでいれば溜まるもんですし。

 PPアイテムなんてガチャしてればもう一生買わなくて良いくらい溜まりますしね(笑)。使い道がないPPを消費するには良いかもしれません。

 でも黒ポンはほしいな。スピン+10とかいうネタ装備は実に欲しい(爆)。


2006年10月25日  リアニメイトデッキ 

 しかしアレですな。長期連載やってると途中で飽きる罠(何ッ。カードの説明を交えながらやっていくつもりでしたがサクサクすっとばして調整後のデッキはこんなんになりました。

クリーチャー
・怒りの天使アクローマ×2
・絶望の天使×4
・悲哀の化身×1
・愚鈍な自動人形×2

スペル
・戦慄の復活×4
・ゾンビ化×4
・悪魔の談合×2
・葬送の魔除け×4
・聖なるメサ×2
・神の怒り×4
・屈辱×3
・オルゾフの印鑑×3

土地
・広漠なる変幻地×2
・オルゾフの聖堂×3
・平地×10
・沼×10

 「アイケイシアの触れ役」の効果で手札のクリーチャーを捨ててトークンを2個出して、そのトークンと触れ役をサクリファイスして「戦慄の復活」のフラッシュバックコストにすると考えたのですが、触れ役が1/1の生物なので能力を発動する機会がほとんどなかったこともあり「聖なるメサ」に変更されました。
 トークンを出す能力としてはこっちの方が汎用性が高いですしね。
 また、「狂乱病のもつれ」や「貪欲なるネズミ」などの手札破壊要素がなくなってクリーチャー除去の「屈辱」に変更。
 手札にきたクリーチャーを捨てる手段として「愚鈍なる自動人形」を追加。触れ役と違ってタップ能力じゃないので召喚酔いに関係なく使えるのは良いですな。さらにドロー補助にも使えるのも便利。
 あとは土地が少ないってことで土地がふえました。

 とT氏の判断でプレイを繰り返しながら抜けたり入れたり。いやーさすがに一度も離れることなくMTGを続けていただけはありますな。調整前より格段に回るようになってます。

 あとは現在プロキシになってるアクローマ×2、絶望の天使×4、屈辱×3の本物を手に入れなければなりませんな。どれも高いんだよなー(爆)。


2006年10月24日  親切設計 

 ふとMTGのカードを見ていたらカード名に振り仮名があることに気がつく。ちょっとした発見(笑)。
 現役当時まではそんなものなかったですからね。
 MTGでは普段は使わないような単語が出てくるので親切かもしれません。「栄光の頌歌」とかいまだになんて読むか一瞬考える時がありますからね。

 まぁ、分からなければ調べるって行為も大事ってば大事なのでですけどね。これもゆとり教育の弊害ってやつかっ(何ッ。

 とやはりネックな火曜日は転寝日。


2006年10月23日  墓地から場へ 

 というわけでリアニメイトデッキを作ったわけですが、まず一番大事なのはリアニメイト系カード。今の環境で使えるカードは以下の3枚でした。

Zombify / ゾンビ化 (3)(黒)
ソーサリー
あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを場に戻す。

Dread Return / 戦慄の復活 (2)(黒)(黒)
ソーサリー
あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを場に戻す。
フラッシュバック ― クリーチャーを3体生け贄に捧げる。(あなたはあなたの墓地にあるこのカードを、そのフラッシュバック・コストでプレイしてもよい。その後、それをゲームから取り除く。)

Resurrection / 蘇生 (2)(白)(白)
ソーサリー
あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを場に戻す。

 どれも4マナ圏。暗黒の儀式がなくなっているので早くて3ターン目。
 再活性や動く死体、死体発掘や死体のダンスなどかつてのリアニメイトカードと比べるとどうしても重く感じてしまいます。その代わり何のデメリットもなくクリチャーを墓地から場に出すことが出来るのですけどね。
 ただ、リアニメイトデッキは重いクリチャーを早く出して何ぼ。多少のリスクは顧みずにというのが心情だと思っていたので不満があります(笑)。よく再活性で6点ライフロスとやってましたよ。
 まぁ、これしかないものは仕方がないですし、今の環境は当時と比べてかなり遅い環境なので4マナでも問題ないのでしょう。

 で、この3つの中から採用したのが「ゾンビ化」と「戦慄の復活」です。
 ゾンビ化は色の拘束が少ないですし。戦慄の復活はフラッシュバックが付いています。
 一応白黒デッキにする予定なので蘇生も入らないことはないのですが効果が同じならおまけの付いているほうが優先って感じですね。
 それに蘇生はタイムシフト枠(実質レア)なので他の2枚のアンコモンと比べて揃えるのにお金ががかりそうだったのが決定的な要因になったのかもしれません(笑)。

 つづくー。


2006年10月22日  定型化 

 転寝爆睡一日遅延。

 そういえば今週は法事でオフセにはいけないと言っていたのですが実は来週だった罠。
 法事自体の日付は合っていたのですけどね。来週を4日と間違ってました(笑)。

 その割にはハロウィンネタは今週がタイムリミットだとか考えていたのですよね。いや土曜が4日じゃすぎてるから(爆)。
 あんまり日付とかは間違わないのですけどね。疲れてるのかな? 


2006年10月21日  復帰後初デッキメイク 

 とりあえず、シングルで買ったリアニメイト系のカードとありあわせの大型クリチャーでデッキを組んでT氏に相手をしてもらいました。
 まぁ、さすがにありあわせのクリーチャーではせっかく早く場に出せても制圧力ないということでクリーチャーを絶望の天使とアクローマということにして調節することにしました。
 それがこんなデッキ。

クリーチャー
・貪欲なねずみ×4
・アイケイシアの触れ役×3
・絶望の天使×4
・怒りの天使アクローマ×2
・悲哀の化身×1

スペル
・ゾンビ化×4
・戦慄の復活×4
・狂乱病のもつれ×3
・葬送の魔除け×4
・悪魔の談合×2
・神の怒り×4

アーティファクト
・オルゾフの印鑑×3

土地
・平地×10
・沼×10
・広漠なる変幻地×2

 という構成でした。
 これが調整後には三分の一くらいのカードが入れ替わることに……(笑)。

 つづく。


2006年10月20日  Trash for Treasure 

 MTGの基本セット9版に残っているカードとタイムシフトとして再録されているカードを発掘発掘。
 ダンボールに入れて押入れの中だったので取り出すのに一苦労ですよ。先週も少し探してみたのですけどね。今週は本格的に。

 いやー、先週探した時には「惑乱の死霊」と「宝石鉱山」が出てこなくて泣きそうになりましたよ。
 「宝石鉱山」とかデッキに入れて使っていた覚えがありましたしね。それに「宝石鉱山」はタイムスパイラルの中でも高額カードですし(爆)。トレード材料として……ってか普通にデッキに入るカードですな。

 そんなこんなだったわけですが今週きちんと探してみたらありましたよ。両方とも2枚。
 ただ「葬送の魔除け」が4枚しか出てこないという罠。レアならともかくコモンが4枚しか出てこないって……。ビジョンズはあんまり買ってなかったんでしたっけね。
 いや、それにしても他の色の魔除けは5枚以上あったのに唯一再録されている葬送だけ4枚しかないなんて。しかも、葬送の魔除けは黒でデッキ組むなら4枚確定ですからね。
 貴重の1マナハンデスに加えタフネス1のクリーチャー除去にも使える使い勝手の良いカード。リアニメイトデッキともう1つ黒コンなデッキを作ろうと思っていたのであと4枚は欲しかった。
 タイムシフト枠は半分レア扱いなのでシングルだと高いのですよね。昔はコモンだったことを考えるとなおさら。

 とりあえずT氏あたりが余らせていないかどうか聞いてみよっと。


2006年10月19日  ターゲットロック? 

 32型の液晶テレビが79900円!?
 こ、これは良いかもしれない。地デジチューナーは付いてませんがその辺は話は5年後5年後(笑)。
 アーマードコア4専用機としてはなによりHDMI端子が付いてるって事の方が大事ですからね。この大きさでこの値段はいいですよ。
 さすがにPS3と一緒に買うのはきついですが年末の出費攻勢を乗り切って年明けになら買えるかも。

 これなら下手にブラウン管テレビ買うよりも1ヶ月くらい我慢してこっち買った方が良いですよね。何気にPC入力端子も付いているのでN氏宅みたいにPCモニターとして使えるのも良いですな(爆)。
 これにしよこれに。これを目標として少し資金繰りを考えて見ましょうかね。

 この間、電気店で液晶テレビを見たときには20型で7万とかしていたのでそれなら25くらいのブラウン管を3万くらいで買った方がと思っていたのですが32型が8万となると話は違ってきますな。
 そういえばデジカメ買った時はなんだかんだで2週間くらいで9万作れましたからね。その時のことを考えると後1ヶ月半くらいでなら何とかならないこともないと思えないでもない(笑)。
 PS3の資金の方は確保しているので、ふむふむ。


2006年10月18日  ひょんなことから 

 U氏とカバルオンラインをやってたら日付変わりそうになってた。
 カバルの話は以前しましたっけね。ステアのベータテスト登録したらなぜかカバルの登録完了メール(しかもユーザー名やパスワードがデフォルトのテンプレメール)が誤送されてきたという話は。
 結局してなかったかな。

 おなじゲームポット運営だからって違うゲームの登録完了メールが来てビックリましたよ。まぁ、それで少し興味を持って遊んでみたのですよ。エフェクトが派手でアクション要素の多少あるMMOなのでそこそこ面白いです。
 基本ソロプレイゲーなので人見知りにもやさしいですしね(笑)。U氏と一緒にやってたといってもお互いクエストこなしていただけですし。
 狩りではなくお使いクエストをこなしてレベル上げていくというゲームみたいですな。一応、ストーリー性があってエンディングもあるだとか。エンディングがあるMMOってのは始めて聞きましたよ(爆)。
 MMOてかネットで遊べるRPG色が強いのかもしれませんね。PvPやGvGとか戦争とかクエスト以外にあるみたいですけど。
 パーティークエストとかもあるらしいのですがその辺はいまいち不明のまま。

 単純なレベル上げゲーだと遊ぶ気はしませんがストーリーがあるならって感じでしょうか。現在、基本的にMTG脳になってるので続けて遊ぶかどうか分かりませんけど(爆)。


2006年10月17日  ぬいぐるみ人形 

 頑張って追いつく。
 さて、日曜日の夜中に注文したものがもう届きましたよ。不在だったので明日再配達ですけど。
 岡山からだと郵便は1日で届くのか。

 さて、今日もMTG話。実は前々からこんなコンボデッキ組みたいって話をしようかと思っていたのですよ。なんだかんだで保留になっていましたけどね。
 今回のカードはこれ。

Stuffy Doll / ぬいぐるみ人形 (5)
アーティファクト・クリーチャー ― 構築物(Construct)
ぬいぐるみ人形が場に出るに際し、プレイヤーを1人選ぶ。
ぬいぐるみ人形は破壊されない。
ぬいぐるみ人形にダメージが与えられるたび、それは選ばれたプレイヤーに同じ値のダメージを与える。
(T):ぬいぐるみ人形は自身に1点のダメージを与える。
0/1

 与えられたダメージを対戦相手に与えるという生物です。
 これだけでも優秀すぎるブロッカー何ですけどね。

 これに、

Furnace of Rath / ラースの灼熱洞 (1)(赤)(赤)(赤)
エンチャント
発生源がクリーチャーかプレイヤーにダメージを与える場合、代わりにそれはそのクリーチャーかプレイヤーにその2倍のダメージを与える。  
Lightning Axe / 稲妻の斧 (赤)
インスタント
稲妻の斧をプレイするための追加コストとして、カードを1枚捨てるか(5)を支払う。
クリーチャー1体を対象とする。稲妻の斧はそれに5点のダメージを与える。

 「ラースの灼熱洞」を張った状態で「稲妻の斧」を打ち込むと、「稲妻の斧」が「ぬいぐるみ人形」に与えるダメージが2倍で10点、さらに「ぬいぐるみ人形」が対戦相手に与えるダメージが2倍で20点と即死コンボ。
 非常に夢のあるデッキですな(笑)。

 やっぱMTGやるからにはコンボデッキですよね。特に時のらせんはボリュームがあって色々コンボが考えられるので楽しいですよ。


2006年10月16日  シングルカード 

 転寝日和。
 ほんと、一日送れて週末に裏更新で取り戻すってのがパターン化してきてますな。パターン化するとなかなか抜け出せませんからね。どうしたもんだか。

 てなわけですっかりMTG復帰モードになってしまっているわけですが、シングルカードを通販とかしてしまいましたよ。とりあえず黒白でリアニメイトデッキ作りたいのでその辺のカード+αを注文。
 アンコモン中心なんで20枚ちょい頼んで1600円くらいと手にパックで買うよりも安く仕上がりますな。まぁ、問題は吊り上げる生ものなんですけどね。
 アクローマとか1枚1400円以上しますしね。ボガーダンのヘルカイトとか吊り上げるには最適なものも高いですからね。デカイクリチャーは全体的に高いですな。
 まぁ、ただデカイだけってのは安いですけど。

 T氏がアクローマ2枚もってるとか言ってたのでトレードしてもらおうかな。パック自体そんなに買ってないので問題は交換材料がないことだけど。


2006年10月15日  邂逅 

 土曜日はオフセなしで久方ぶりに合った友達とカラオケなんぞいってましたのですよ。
 さすがに県外に行った連中とはなかなか会いませんからね。N氏とかコミケ行っている人々は別として(爆)。
 この間、あったのがもう何年前って感じですからね。その時もカラオケ行ってましたな。
 R氏とは時々パンややってたり、以前イトーヨーカドー限定のハヤテライガーを代理購入してもらったこととかありましたが(笑)。

 そういえばR氏とかT氏とか学生時代のTRPGメンバーなんですよね。レミ戦とかSTAとか懐かしいですなー。

 次に合うのは何年後か。またその時もカラオケ行きたいですな。


2006年10月14日 

 裏更新ー。


2006年10月13日  ガンダム神ゲー 

 最近、MTGネタが増えてますが実は「ガンダムバトルロワイヤル」ばかりやっていたりします。
 PSPで出たアクションゲームなんですけどね。これがすごく面白いのですよ。
 ガンダムゲームにありがちなもっさりかんがなくてサクサク遊べるのですよ。これが非常に操作してて楽しい。スピード感はVS以上かもしれません。

 もともとマイナー機体が登場するってことで買ったのですけどね。アッグやゾゴックだけでもすごいのにサイコミュ高機動試験型ザクIIとかもでるんですよ。マイナーにもほどがあります(笑)。
 それだけでも買いだというのにゲームとしても面白かったのは当たりでしたね。
 バンダイもやれば出来る子じゃないかとおもったら開発はアートティングだった罠(爆)。VSシリーズもそうですが、バンダイはこの辺に全部開発を任せるのがいいのかもしれない。

 ちなみにゲームの難易度はちょっと高め。ミッションや機体の数も多くやり応えがあります。
 また、機体はミッションで溜めたポイントでカスタマイズできるので弱い機体でもそれなりに強くすることが可能。ゾゴック使ってZガンダムや百式を蹴る殴るで倒すとか簡単にできるようになります。

 あとアレですよ。隠し機体でサクとシムが出るらしいではないですか。
 おそらくMSV以上にマイナーで知られていないと思いますが、トニーさけざきが書いたガンダムパロディー漫画に出てくるMSです。いや、これをMSといって良いのかどうか分かりませんけどね(笑)。
 とりあえず「トニー サク」でググルさんイメージ検索で上の方に出てくるので気になる人は参照。
 ここまで来ると悪乗りの部類ですな。もっとやってくれって感じの(爆)。
 ちなみにこれらの機体の使用条件は全てのミッションをSランクでクリア。かなり厳しいです。
 一部、S取りが難しいミッションがありますからね。頑張ってやってみたいところ。


2006年10月12日  1000% 

 「ネギま!?」の2話を見ましたですよ。
 やっぱこれはこれでありですな。原作を先に呼んでて許せるのってブギーポップ以来かもしれませんな。しかもこんなに原作と違ってて。
 まぁ、ブギーの方も完全にオリジナルだったわけですが。
 中途半端にオリジナル展開するよりも思いっきり別のものにしてもらった方がよいのかも知れませんね。

 ちなみに2話からOPが入ったわけですがちょっと格好良い思ってしまった。
 歌がサビ以外台詞ってのはアレでしたけどね。演出的には格好良かった。
 どことなく東京アンダーグラウンドが頭をよぎってしまいましたが(笑)。

 後はシリアス偏重気味のオリジナル展開。バトル中心の展開がどう転ぶかですね。
 この辺、上手くはまればDVD買うかもしれません(爆)。


2006年10月11日  一本釣り 

 頑張って日付に追いつくのですよー。
 昨日、アクローマがほしいっていうことを書いてましたがアクローマってのはこんなカードです。

Akroma, Angel of Wrath / 怒りの天使アクローマ  (5)(白)(白)(白)
伝説のクリーチャー ― 天使(Angel) Time Spiral(Time Shifted),タイムシフト
飛行、先制攻撃、警戒、トランプル、速攻、プロテクション(黒)、プロテクション(赤)
6/6

 何この特殊能力のオンパレードはって感じですよ。
 色固定3マナ含む8マナと重たいのですがどのみちリアニメイトするから問題なし(笑)。白黒コンのリアニメイトデッキが作りたくなってきますよ。
 場にさえ出てしまえば怖いのは全体除去とバウンスですか。特に手札に戻されるといかんともしがたい事態に(爆)。
 その辺はパーミッション対策もかねて手札破壊ですな。切羽詰った時には自分対象にしてクリーチャーを手札から墓地に落とすとか言うことも出来ますしね。

 とりあえずこの路線でデッキの内容でも考えてみるかな。


2006年10月10日  ヒカリ物とレアリティー 

 相変わらずの転寝で一日遅れ。
 昔は転寝しても起きてから書いていたのですけどね。最近の転寝は性質が悪くて4時くらいまで寝てしまうのでさすがにむりぽ。

 さてさて、ネタもないのでしばらくMTGの話でもしましょうかね。
 今回からホイルカードがコモン枠に入ってるのでタイムスパイラルはちょっとお得な感じがします。ホイルカードがレアなら1パックにレアが2枚入ってることになりますからね。
 さらにタイムシフトカード(過去のエキスパッションからの再録で特別枠のレアリティー)が当時のレアだったら実質レア3枚ですよ。
 ちょっぴりお得感のあるエキスパッションですな。
 ホイルの確率も100枚に1枚から70枚に1枚と上がっているらしいですね。ちょうどホイルカードというのが入ってすぐにMTGを止めているのでホイルに対する憧れはちょっとあったり。それでなくてもヒカリ物が好きですしね(笑)。

 ちなみにこの間のシールド戦の時は3パックあけてホイルが2枚でたのでかなりよい引きでしたよ。シールド戦で使えるカードが出るよりこっちの方がいいですな(爆)。赤コモンのホイルとかいらんちゅうたらいらんのですが。やっぱりホイルは白ですよ。天使天使(笑)。
 そしてトーナメントパックのホイルがレアだったのでレアが一枚多いのを実体験ですよ。

 そういや出たレアって黒4枚白1枚茶(いまだと銀ですか)1枚青1枚と見事に黒かったのも嬉しい限り。
 まぁ、作りたいデッキに入るカードがなかったのは残念な所ですが。アクローマほしいなアクローマ。


2006年10月9日  タイムスパイラル 

 ちょっと前にMTG熱が云々書いていたと思いますが久しぶりに遊んで見ましたよ。
 時のらせんのトーナメントパック1個とブースター3パックでのシールド戦。
 久々どころか8年ぶりですからね。H氏がブースターボックス買ってきてドラフト戦なら一度やったことあったような気がしますが自分で買っては実に8年ぶり。
 シールド戦自体数えるほどしかやったことありませんでしたが、いやー面白かったですよ。よさげなカードが白と黒にあったので趣味趣向もかねて白黒デッキになりました。

 基本的に黒好きの人間ですからね。ついで白てか天使。現役時代はファンデッキで白黒の天使デッキとか作ってましたよ。
 昔のカードバインダーを引っ張り出したら天使がいっぱい入ってましたよ(笑)。クリーチャータイプ天使と天使という名前の入ったカードと天使のイラストのカード。
 ウルザズディスティニーまでの天使クリチャーは全部集めてたと思いますよ。それ以来、7つもブロック進んでますからね。さすがに今から集めなおすのは無理だ(爆)。

 まぁ、完全復帰するにはこれからの時期きついのでスローペースで行きましょうかね。どうせカジュアルでしかやらないですし。
 カードリストを見ていると色々とコンボを考えてるだけでも楽しいですからね。考えると実践したくなるのが難点ですが(笑)。下手にパックを買うよりシングルカード集めて1つデッキ作って遊ぶのが安上がりだという話もあるかも。


2006年10月8日  ある意味定期的に 

 微妙に風引きさんで1回休みぃ。


2006年10月7日 

 定期更新裏更新。


2006年10月6日  原作付きアニメ 

 最近すっかりアニメを見なくなっていたのですが「ネギま」が再アニメ化ということでとりあえず見てみました……。

 なにこの「ぱにぽに」第二期(笑)。いくら監督&スタッフが一緒だからって黒板ネタやらなくても(爆)。アバンとかソウルテイカー臭かったですし、この監督は自分の色を前面にだす監督なのですな。
 「ネギま!」に関しては何気に原作信者なので刹那と木乃香が普通に接してたりカモが最初から登場してたりと原作と違う部分が目に付いたのですが、もう途中からどうでもよくなりましたよ(笑)。
 話の展開からして原作と全然違いますしね。エヴァ編のストーリーラインだけ一緒で後はオリジナル展開。てかエヴァ編からなんですよね。
 まぁ、時間帯も夕方の5時半と子供向けのバトル路線で行くようなのでこの辺は正解かもしれませんね。ラブコメ話を軽く流して修学旅行編→ヘルマン編といくかもしれませんね。話数的に武道会まではさすがに無理かな。
 ラブコメ分は原作で十分補充できるのでバトル部分を動画で見れるのはいいかも。

 タイトルも「魔法先生ネギま!」から「ネギま!?」になっているのでその辺別物と考えてくれって話なのでしょうな。魔法先生が消えて?がプラスされているところから察するに。

 そういえばボンボンで「ネギま」が連載されると聞いて「何でだ」と思ったのですが、要するに「魔法先生ネギま!」のアニメ版「ネギま!?」のコミカライズをボンボンやるとのこと。この辺からも新アニメ版の方はヲタ向けというか子供向けで行くということが考えられます。
 そもそもカードバトルがどうのこうの言ってますしね。カードバトルとかその時点で原作と全然別のものになりますし。非常に商業的には分かりやすいですけど(爆)。

 アレですな。ここまで違うものとして作られているなら、原作村の住人としても別物としてみなければいけませんですな。
 とりあえず視聴継続。そもそも原作云々以前だった前回のアニメ版と違ってこっちの方は普通にアニメとして面白かったですしね。
 しかし、放送一年も経っていないのに「なかった」ことにされる旧アニメ版ってすごいですよね。公式に黒歴史認定だからなー(爆)。 

余談
 本編中なんで明日菜ながあんな格好してたのかと思っていたのですが仮装=火葬なんですね。旧アニメのまでもネタにしていたとは。ヒロインを火葬しちゃう旧アニメも旧アニメだと思いますけど(笑)。


2006年10月5日  投売り叩き売り 

 ザらスにて投売りやっていたので色々買ってます(メガザラックだけはジャスコですが)。
 ベルハウス並とは行きませんがザらスも容赦ないですからね。
 この中での最高はオメガスプリームの約8000円が1000円です(笑)。まぁ、2年以上前の商品ですからね。
 TFはアニメも現在はやってませんし完全に不良在庫ですな。

 しかしまぁ、TFとゾイドは叩き売りの常連ですよね。どっちとものファンとしては悲しいものもあり嬉しい所もあり。
 TFはともかくゾイドを叩き売りで買うときには2個目だったりすることが多いのですけどね(笑)。


2006年10月4日  バット型ボールペン 

 ホークスのグッズでバット型ボールペンってのを売ってるのを発見しましたよ(笑)。
 おそらくひぐらしの特典はこれのリペイントじゃないのでしょうか。
 きっと野球グッズとしてはメジャー……と思って検索してみると野球グッズはでてきませんでしたが、代わりにノベルティーグッズを作っている会社にいきあたりましたよ(爆)。大本はこれか。

 ちなみに大きさ的には問題ないもののちょっと太いのが難点でしたね。特にグリップ部分が太いので持たせるのが無理そう。
 ギミック的にここがキャップになっているので仕方がないかもしれませんが。

 どちらにしろひぐらし祭は予約しときましょうかね。書き下ろしショートストーリーとか付いてるのでやっぱり限定版かなー。サントラとかポストカードはいらんのでもっと安くして欲しい所。
 サントラもコンシュマー版の音楽が原作のアレンジとかならまだ良かったのですけどね。祭の不安要素の一番が音楽ですな。そして二番目が選択肢制……。


2006年10月3日  ひぐらしオルタネイティブ 

 最近、帰宅→アラド戦記→転寝→ってパターンが定着してきて良くないなーと思いつつも、その前は帰宅→パンヤ→転寝だったわけであんまり変わってなかったりする罠(笑)。

 そういえばひぐらし鬼曝し編で夏美が足音聞いてないとかN氏が言ってましたが、鬼曝し編って大災害後なので足音の張本人である羽入が梨花と一緒にループしてるので聞こえなかったのでしょうね。
 まぁ、ループと羽入に関してはツッコミを入れだすときりがないわけですが(笑)。

 ひぐらしのループって梨花と羽入が過去に戻った後も暇潰し編や鬼曝し編のように世界は続いているわけで、その辺が普通のタイムスリップ的なループ物とは違うのですよね。閉じて繰り返しているのは世界ではなくてあくまで梨花と羽入の時間であると。
 また、ループ前の事象が梨花や羽入以外にも少なからず影響を与えているというのも違う所ですな。単純なタイムスリップ的なものだと圭一が罪滅ぼし編で鬼隠し編の記憶が蘇るというのはおかしくなりますから。
 そう考えるとひぐらしにおけるループというのは平行世界の過去へ移動しているという解釈が一番すっきり来るのですよね。これなら梨花が移動しても元の世界はそのまま続いていきますしね。

 そして梨花やその他のメンバーの記憶の継承に関しては因果導体という理論が……。アレですマブラヴオルタの(爆)。
 世界間の因果の受け渡し役になるという因果導体。オルタでは主人公のタケルがその因果導体になってしまいEX世界やAL世界の記憶がオルタ世界の書くキャラの無意識下に流れ込んでくるという話があるのですよ。
 これと同じく梨花や羽入の影響で元世界の記憶が流れ込んできて影響を与えているという考え方がしっくり来るという無意識の領域(爆)。ついでに惨劇や滅菌という因果も梨花のループとともに新しい世界に流れ込んでくるので雛見沢は毎回あんなことになると考えるとオルタ並に嫌な事になりますな(笑)。
 梨花もタケルもループ直前、死ぬ間際の記憶がないってのもシンクロニティ。

 同じ平行世界&ループ物だけあって色々共通点があるなぁという平行世界&ループ好きの与太話でした(笑)。


2006年10月2日  予約特典 

 コンシュマー版のひぐらし祭の予約特典は金属バット型ボールペン『悟史のバット』だとか。
 うぁーめっちゃほしい(笑)。
 サイズは良く分かりませんが普通のボールペンサイズだとするとほら、裏用にちょうど良さそうではないですか。多少大きくてもデイブレイク仕様だと言い張れば問題なし(爆)。
 どのみち買うわけですし予約しときましょうかね。

 そういえばWA5thも毎度の事ながら予約特典ディスクが付きますし、AC4もおそらくいつものように何かつけてくるでしょうから予約しとくかな、かな。
 連邦VSザフトIIは……いいや、ブックレットいらね(笑)。

 しかし、再三リフレインですけど12月は出費がひどいですな。
 ゲーム4本+PS3。出費を分散するためにもPS3はさっさと買っておくというのもありかもしれません。資金を取っておいてもいつ何時なにに化けるか分かりませんからね。
 今の所玩具関係では年末に散財する予定はないので大丈夫そうなのですが。

 ほんとこればっかりは先が読めませんからね。最近だと黄金勇者とか黄金勇者とか黄金勇者とか……。


2006年10月1日  超勇者復古烈伝 

 以前予約しておいたグレートゴルドランが届きましたよ。予約というか受注生産。
 てか箱がでかいです(笑)。両手で抱えるくらいあるじゃないですか。右下は比較用のHGUCヘイズル。

 しかも、梱包用の箱が正規の外箱ではないですか。ゴルドランじゃなくてゴルドラソに見えるのは気のせいでしょうか(爆)。
 アソートは2箱入りってことで開いたスペースに入っていた沢山の緩衝材が微妙に邪魔なのが味噌(笑)。

 そして中身は金ぴか。当時品のメッキ率は半分くらいだったのですが復刻版はフルメッキと完全版になっとります。これぞ黄金勇者って感じですな。

 さて、さっそく黄金獣合体と行きたい所なのですがそれはまた次の機会に。
 とりあえずアレです。指紋だらけにならないように手袋でも買ってこなければ(笑)。


前に戻る

広間へ