雅趣なお茶会

お茶会記録>2007年8月


2007年8月31日 

 裏更新。


2007年8月30日 原因不明 

 画像編集ソフトにFireworksというソフトを使っているのですが、新PCに移行ついでに2世代ほど新しくバージョンUPしていたので無料体験版を試してみようと思ったのですよ。そしたら、予期せず終了しましたと出て起動すらしない罠。
Dreamweaberの新しいやつとか同じ会社になってしまったPhotoshopの体験版は普通に起動しているのですけどね。Fireworksだけが起動に失敗するという始末。旧バージョンの方を入れてみるとこっちは動きます。
さらに旧PCの方に体験版を落として入れてみると普通に起動しちゃうもんですから分け分かりませんよ。

 ぐぐるさんや公式で調べたり再インストールなどを行ってあれやこれややっても結局起動することはなく、朝方の4時とかになってましたからね(笑)。もういい加減疲れました……。
後は最終手段のOSのクリーンインストールしかないような状態ですし。これでだめなら原因はハードウェア的な相性ってなるわけですな。
UPデートの方が三世代縛りがあるのでこの辺のソフトをまとめてUPデートしようと思っていたのですが、ソフト1個使えないとなると躊躇してしまいますね。

 せっかく新PCへの移行もほとんど終了したというのに今更OS入れなおしというのはさすがにやる気がおきませんよ(笑)。それでいける保障があるのならともかくそれすらも不確定ですからね。
どうせOS入れなおすなら30日の体験版が終わってから入れなおしてやろうかとか思ってしまいますよ(爆)。


2007年8月29日  多々買いはこれからだ。

 PC買ったのでしばらくは緊縮財政で行かなければならないのですが、画像をみてると新しくでる武装神姫はほしくなってきますし、装着変身のゼロノスは出ますし、オルタのファンディスクは出ますし、ACE3はでますし何気に出費が激しいような気が(汗)。

 他にもPCを新調したら周辺機器関係もいろいろ買おうかなとか計画もしていましたし、普段使っているソフトのバージョンUPもしたいと思っていたり何かと出費が続く予定なのですよね。
まぁ、緊縮財政といいながら久しぶりにオクで裏用の物品を落札してみたりまったく自重していないわけですが(笑)。

 オクといえば本と久しぶりに落札したら取引の連絡方法が変わっているのですね。直接メールでやり取りするのではなくヤフーオークションのシステム上で連絡を取り合う形になっているのですな。確かにこっちの方がメールで連絡を取り合うよりも確実な方法かもしれませんね。


2007年8月28日  お約束的に 

 激しく転寝で1回休み。
微妙にTRPG餅米が回復してきたかも知れないこともないかもしれないかもしれないって感じ。音楽の力は偉大なり。


2007年8月27日  不安定性突然変異 

 新マシン。ふと気になって通信速度の測定をやってみると4Mbpsというような結果が。いやいやいや、旧マシンでは平均して17Mbpsくらい出ていたのですよ。おかしいなと思いつつLANケーブルを抜き差ししてもう一度測定してみたら18Mbps。挿し方でも悪かったのかと思いつつ次の日また計ってみると4Mbpsに戻っている罠。
いろいろ検証してみた結果、LANケーブルを抜き差しすると戻るものの電源を切って再起動すると速度が落ちるという感じらしい。いや、もう何がなんだか分かりませんよ。
まったくもって意味不明なのですけど、とりあえずネットワークアダプタのドライバを最新のものに変えてみたら起動しなおしても17Mbps程度の速度が出てるように……。ただし、たまに7Mbpsとか0.3Mbpsとかの数値がでて安定しないのですよね。

 まぁ、普通にネットするだけなら4Mbpsもでてりゃ十分なのですけどね。画像の多いサイトでも回線速度よりどっちかというとグラボの性能やメモリの容量が増えたおかげで画像の表示速度が上がった恩恵のほうが大きいですしね。
ただ、せっかくの光なので速度にこだわってしまうのもまた事実。どうしても気になるのなら別途にLANアダプタをつけて試してみるのもありかもしれませんね。LANアダプタなんて何千円もしないものですし。


2007年8月26日 相変わらずフラグだらけの展開 

 ヴィヴィオダンスがなおってるー(笑)。前期OPもちょこちょこ修正が加えられていたようですが、後期OPもところどころ変わっているようですね。動きが早すぎて気持ちの悪いといわれていたヴィヴィオダンスがピンポイントで修正されているとは(爆)。

 StSも気がついたら残り4話。前半のグダグダっぷりが嘘のように面白くなっているのですが、キャラが多い所為であちこちでクライマックス過ぎですよ。各場所で行われている戦闘を小刻みに描写するって演出はどう見ても少年漫画的なんですけどね。ドラゴンボールとか聖闘士星矢とか(笑)。
ピンチの時はみんなピンチで反撃のときはみんな同時に反撃とかまんま少年漫画ではないですか(爆)。タイトル的に来週がstarsメンバーの反撃ですかね。そして、再来週がlightingメンバーの反撃、その次が最終決戦、最終回が後日談って感じでしょうか。

 散々張っていた死亡フラグはなんとか回避できそうな雰囲気ですが、逆に今度は仲間フラグがたち始めている罠(笑)。今のところルーテシアとアギトは確定でしょうかね。
あと、何気にナンバーズにも離反フラグがあるような気が。何だかんでスカリエッティーがナンバーズを取替えの聞く駒扱いをしたりすると、姉妹思いのディエチ、チンク、セインあたりは裏切りそうなですからね。ディエチの台詞なんてあからさまなフラグですし(笑)。ノーヴェとウェンディーあたりも状況によっては姉妹を守るためならという展開はありそう。

 しかし、ここにきてヴァイスとザフィーラの再活躍フラグがあるとは思いませんでしたよ(笑)。犬なんてこのまま台詞なしで終わると思ってた(爆)。この辺がピンチ脱出のきっかけになるのでしょうな。


2007年8月25日  到着  

 いえーい新しいパソコン来ましたよん。
とりあえず到着早々OSを再インストール(笑)。パーテンション分けはもとよりいらんソフトが入っていたりショップのロゴが入っていたりするのでこの辺はデフォですな。
んでもって、頻繁に使うソフトのインストールやデータの移行作業。前のPCはそのまま使える状態で置いておくので、移行するのは花鳥風月苑関係のファイルだけでひとまず良いのですけどね。保存しているようなファイルはそのままで。

 ただし、前のPCはそのままということで問題となるが置き場所ですねPC1台置くスペースの確保が難しい(笑)。このまま2台ともおくのならちょっと部屋のレイアウトを考え直さなければいけないかもしてませんな。


2007年8月24日 

 明日の午前中着で新PC発送された模様。
それとコレとは関係無しに裏更新。


2007年8月23日  速攻魔法発動 

 てなわけで早速新PC買ってきました(笑)。物が届くのは後日ですけどね。毎度の事ながら日記のネタにする時には既に直前と言う展開。
納期に1週間くらいかかるかと思いきや即納で明日発送明後日には届くとの事。ただし、基本構成からグラボだけ変えてそのグラボの在庫が1個しかないので、その辺相性やら何やらで問題があったら伸びる危険性もあると言っていたのでどうなることやら。いまのPCも同じショップで買ったのですが、その時もHDDを認識しないとか何かで納期が延びたのですよね。
土曜日だと弄り倒す時間もあるのでせっかくなら早く欲しい所ですな。


2007年8月22日  新PC購入計画 

 ようやく資金繰りの目処がたったので今週末にでもPCを買う予定。メーカー製なんて買う気もない&自作する気力もない(笑)ので今使っているのと同じくショップブランドのを買おうと思っているのですが、めぼしをつけていた時期からちょっと時間が経ったので値段が下がってますな。後1万出せばクァッドコアになると思うと無駄に欲しくなってくる罠(爆)。
まぁ、そんなに何を並列処理する必要があるのかと言う問題もあるのでデュアルコアで十二分なわけですけど。
とりあえずvistaなんていらないのでOSはXPにして問題はグラボ関係ですね。この辺、色々調べていくとなにやらかんやら情報が入ってきてややこしくなってしまいますな。毎度何か買うときには悩む性分ですからね。う〜む。


2007年8月21日  魔女のお茶会 

 うみねこに裏お茶会があることを知って見てみたらフレデリカが出てきてて吹いた。あのフレデリカは賽殺し編で梨花ちゃんから乖離したフレデリカ=ベルンカステルなんでしょうな。友情出演と言うか毎回ヒントくれに出てきてくれるらしい(笑)。
そして、ラムダデルタ卿って三四さんのことかぁ(爆)。名前の付け方がなんというストレート。まぁ、フレデリカも古手梨花→ふるでりか→フレデリカなんでこっちの方がアレですけどね(笑)。そうなるとベアトリーチェもなんかの語呂合わせだったりするのですかね。熊沢チエでベア・トリ(?)・チェとか言われてましたが。
しかし、鷹野さんもいつの間に魔女に(笑)。どうも魔女というのはルールの擬人化という事も裏お茶会で言われていたのでひぐらし世界におけるルールの擬人化がラムダデルタ卿って話もありますけど。

 ルールと言えば今回も結局ルール探しというのが謎解きメインになるようですね。どの道、各編毎に死ぬ人間や犯人が変わるということも考えられるので、個々の事件の犯人やトリックなどよりも魔女伝説連続殺人事件における共通するルールを見つけてハッピーエンドへの道を探ると言うのが本題。ひぐらしで言うルールXYZにあたるものがあるのでしょうな。
この辺は、問題編が全て出揃わなければ推理のしようがありませんけど。

 それでも既に色々と考察や推理が進んでいるようですね。自分で考える気はあまりありませんけど(笑)、この手の考察とか読んでると楽しいですな。
とりあえず作者の意向的に今回の話は「そもそも解かせる気が毛頭ない物語。不思議な事件の数々を『人間とトリック』で説明できるものならしてみてください。犯人は魔女、トリックもアリバイも全て魔法。こんなのミステリーじゃなくてファンタジーと悔し涙を流して降参するの所が見てみたい」という前提の作りらしいのでこの辺含めて見ていると面白そうですね。どうも作者は皆殺し編でループや羽入が出てきてひぐらしがファンタジー化した時にさんざん叩かれたのを根に持っている模様でしてね(笑)。推理に正解することよりも人間犯人説をどこまで維持できるかの勝負と作品紹介に書いているくらいに。

 お茶会を見る限り、この「全ては魔女の仕業」と「犯人は人間である」という思想の対立は劇中でも本筋になるみたいなので、ハッピーエンドを迎えることを信じていない羽入=プレイヤーのような構造と同じようにメタ的な構成になっているのでしょう。

 とりあえず最終的に魔女は実在するけど犯人は人間ってオチでしょうかね。オヤシロさまは本当にいたけど犯人は人間というオチとまたおんなじことになりますけど(笑)。
てか、お茶会でベアトリーチェ出てきてるし(爆)。


2007年8月20日  反動抑制 

 しばらく裏作業やうみねこで転寝自重してたのですが、その反動で激しくうたたね日和。


2007年8月19日  魔女伝説連続殺人事件 

 「うみねこのなく頃に」読み終わりましたよ。
タイトルもそうなのですが中身もひぐらしとおんなじような構成。てか、今回もバットエンドで締めて続けるのですね(笑)。見かたよっては焼き直しのような感じなので反感買う部分も多いでしょうが、個人的にはひぐらしの構成が好きだったので作風変えずにくるのならば楽しめそうで非常に続きが楽しみ。
相変わらず全員死亡で終わってしまっているので次回はまたリセットして最初からやり直しなんですかね。ひぐらしではこの各編で状況がリセットされる=繰り返されるという事そのものが伏線であり真相のひとつでもあったわけですけど、今回はどうなのでしょうかね。作中の内容が内容だけに繰り返しと言う行為に儀式的なものを感じないでもない。

 しかし、アレですな。最後のスクロール部分で「真相を暴いてください。それだけが私の望みです」というひぐらしで圭一が書いた遺書そのまんまの文章を真理亞が書いてたところでは吹きました(笑)。ほんと何から何までひぐらし。正統な続編といば続編と言えるかもしれません。

 そして、相変わらず人間が犯人なのか魔女が犯人なのかという話の作り。前回は人間の犯人がいるのか、それともオヤシロさまの祟りなのかと言う煽りだったわけですが、結局人間の犯人もいたしオヤシロさまも実在して超常的な力もあったし雛見沢症候群という風土病が深く関わっているって落ちですからね。
そんな前回が前回だったのでどっちが正解という見かた自体が間違っているという落ちもありそうな罠。人間の犯人もいるし魔法も存在するって考えた方も出来る以上、推理物としてはまた物議を醸し出しそうな予感がします。
内容としては「人間にはどうやっても不可能。全部魔女がやったんだよ。人間がトリックを使って犯行したっていうなら説明して見せろ」というスタンスですからね。個人的には今回も壮大な釣りのような気がしてなりません(笑)。

 最終的に「ひぐらし」という作品はホラーでもミステリーでもなく「仲間を信じよう、そして罪を赦そう」という事を言うための物語だったわけで、今回もその手のハートフルな話になるのかどうかが犯人とか真相とかよりも一番興味のある部分だったりします。

 とりあえず最萌えはベアトリーチェさま(何ッ。
お茶会でベアトリーチェさまが出てきた、それも立ち絵付きで出てきた時にはこれまた吹きましたよ(爆)。内容的にも単なる前回におけるお疲れさま会的なコーナーかと思ったら結構重要な内容でしたからね。ここの構成が一番驚いた部分かも。
ひぐらしでの最萌えはフレデリカというか黒梨花さまだったし何気に魔女属性でもあるのだろうか……。

余談
戦人とかいてバトラと読んだり楼座とかいてローザと読んだり、色々アレな名前の多いうみねこですがきっとこれも何かの伏線……はないか(笑)。


2007年8月18日 

 裏更新っ。


2007年8月17日  推理は可能か不可能か 

 祭囃し編の時が日曜日に買いに行った記憶があるのでてっきり3日目だと思っていたら1日目だった罠。

 てなわけで「うみねこがなく頃に」を買ってきましたよん。正直このタイトルはどうかと思いますが(笑)、期待半分不安半分でやってみたいと思います。
とりあえず志方あきこさんのOP曲だけはガチ。ちょうどSoundHrizonにベタハマリしている時にこの手の同人音楽を色々漁っていて「廃墟と楽園」ってアルバムをかってこれも良く聞いていたのですよ。久しぶりに志方さんの曲を聞きましたがやっぱり良いですな。

 ではいつものように集中モードに入りたいと思います。


2007年8月16日  FC 

 ageファンクラブの会員証と会報が届きましたよ。なんというか色々とオワタ感が(笑)。
くそぉ、ボークスが自サイトでA3の限定版の販売をすればこんな事にはならなくてすんだの。両方ともリペイントバージョンというものの、富士教導隊仕様はともかく青の武御雷はいっそのこと冠位十二階色すべて揃えたくなってきたので欲しいのですよ。黒の発売予定もあるのでおそらく全色出すでしょうし(爆)。

 そういや、せっかくファンクラブにも入ったので今月末にでるオルタのファンディスクは公式で予約しとこうと思ったら初回版がもう締め切っていた罠。本来は15日までだったのでギリギリ間に合っていたのですが、予定数に達したので10日締め切ったとの事。
よく考えるとポイントが付く分だけヨドバシで買った方が安いのでこれはこれで問題ないかも(笑)。


2007年8月15日 

 裏更新。


2007年8月14日  映像化は…… 

 「ひぐらしのなく頃に」が実写映画化……。

 やめとこうぜ(笑)。
2時間前後の映画でやるっていったら鬼隠し編だけになるのでしょうが、それだとバットエンドもバットエンドで何も解決しないまま終わってしまうと言う映画になってしまうわけですけどどうするのでしょうね(爆)。まさかシリーズ続けて祭囃し編まで1本ずつ映画化するわけにも行かないでしょうし。8部作ってどんだけ超大作なのかと(笑)。
とはいえ、鬼隠し編だけだと消化不良もいいところ。解にあたる罪滅し編と前後編というのもありかと思いますがそれもそれでひぐらしとしては中途半端ですしね。いや、ほんとどうするんだろう。

 よもや映画オリジナルシナリオってのは個人的にナンセンスですしね。どうせなら「鬼曝し編」が映画化するならちょうど良いのではないかと思ったり(笑)。

 しかし、もし鬼隠し編を原作通りに実写化するとすると罰ゲームとかエンジェルモートとかどうするのか気になりますな。エンジェルモートのあの制服デザインは一般人は確実に引きますよ(爆)。
まかり間違って皆殺し編まで続いたとしてもオヤシロさまの正体があうあう言ってる生命体っていう展開も一般向けに映画化するとしたら受け入れられないでしょうしね(笑)。

 まぁ、無難な線としてはヲタ向け要素を削って純粋にホラー作品として売り出していくといった感じでしょうか。そもそも、原作からして当初はミステリーホラーとして売り出していたのでその辺は良いのですが、単に怖いお話として終わらせてしまうにはもったいないですからね。ひぐらしって物語りは。


2007年8月13日 

 何だかんだで1ヶ月くらいオフセの機会がないのでTRPG餅米は下がり気味。
逆に裏が上昇中って事で裏更新。


2007年8月12日  劇場限定 

 小ネタ。

 

 電王の映画を見に行った時に貰ったのですけどね。「お子様(中学生以下)のみの先着限定プレゼントです」と書いてあるやつ(笑)。
毎年この手の来場プレゼントはやってるみたいなのですが貰ったのは初めてですよ。そういや、ライダーの映画をそこの映画館に見に行ったのは初めてなので劇場によって対応が違うのかもしれませんね。
まぁ、実年齢的にはともかく精神年齢的、興味対象的には中学生以下かもしれませんが(爆)。

 しかし、どうせ貰うならゲキレッドじゃなくて電王の方がよかったなぁと思わないでもない(笑)。ゲキは結局見てませんし。


2007年8月11日 

 ロッドフォームの後だけにウラ更新。


2007年8月10日  お前、僕に釣られてみる? 

 てなわけで、何だかんだで装着変身買ってしまいました。
ソードフォームが売ってなかったのでロッドフォーム。何気にデザイン的にはロッドが一番好きなのですけどね。必殺技が唯一キックのフォームだったりデザイン的にも仮面ライダーの面影が一番残っていたりライダーらしいライダーなのかもしれません。

 

 「Full Charge」

 可動範囲もかなり広いですしデンガッシャー(ロッドモード)も劇中通りに長いですし、ライダーパスなどの小物も付いていてかなり満足度の高い玩具ですな。
値段も2000円、量販店だと実質1500以下になるのでお値段的にもお手ごろ。サイズも神姫サイズ……といっても分かりにくいでしょうけど(笑)、手ごろなサイズなのでコレクション性は高いかも。

 いかんな、こうなると全種揃えたくなってきますよ(笑)。上記のように値段的にも置き場所的にも困らなさそうなのでいいかなーと心が傾いてきている今日この頃。裏でも電王ネタが続いているので相乗効果で危険な感じ。


2007年8月9日  俺、誕生! 

 来週になるとTVの内容が劇場版後の話になってしまうので有給とって電王の映画を見てきました。日付的には明日の話ですが(笑)。
夏休みとはいえ平日の昼間だったのでお子様客は少なめでした。上映中に喋ったりする子もいませんでしたしね。
てか、隣に座ったのが女性2人組みで吹いた。石田彰の声に反応していたので間違いなく腐女子(爆)。席に着くときに「私達って場違いだよね」とか言ってたのですけど隣の自分もきっと場違い(笑)。
他のお客は全て子供連れで他の列。そこの列はその二人組みと自分だけでしかも席空けずに隣同士ってなんという隔離状態(笑)。

 そんなこんなで見てきた電王の映画。非常に面白かったですよ。
笑いあり涙あり燃えありの良い作品。最後のオーナーの心遣いにうるっときて、さらに追い討ちのような写真立てのシーンで完全に涙腺が決壊してしまいました。
毎年、パラレル展開で消化不良な事が多いのですが今年は1つのエピソードとしてすっきり終わった感じですね。個人的にはもうちょっと牙王のキャラを掘り下げてほしかったかなと思ったりしますけど。
完全に悪役ってのならばそこまで必要はないかもしれませんが、「時間に飽き飽きしている」って台詞もあったのでその辺の理由とか気になる所。今年はTV版と絡めてきているのでジークともどもTVの方でももう1回出てきて欲しいかも。
ジークの方は小太郎に何か話しかけているシーンの伏線があるのでまた機会があるかもしれませんね。牙王は役者の都合もあるでしょうけど。

 しかし、アレですな。
電車同士の空中バトルはとてもカオスなシーンなのに何故か格好良く見えてしまった(笑)。本編でもデンライナーのシーンは結構好きなのですけどね。基本的に電車好きですし。
こうなるとデンライナーの玩具も欲しくなってくるなー(笑)。 


2007年8月8日  100番目のMG 

 MGのターンAガンダムが発売されていたので買ってきましたよー。
いつものパターンだとオフセの前に買っていくのですが、今週はオフセなしと言うことでサクット購入してきたしだい。そんな感じで空いた週末にでも作るかなと思っていたのですがさっそく作り始めてしまう罠(笑)。
しかも、転寝してしまっているのはもうお約束ですな。


2007年8月7日 

 裏更新ー。


2007年8月6日  聖王のゆりかご 

 裏の更新してたら時間がなくなったのでこっちは手抜きで(堂々と)。

 なのはさんの話。とりあえず聖王のゆりかご=戦艦ってのはあってた模様(笑)。そしてギン姉は敵に。なんというすがすがしいまでの王道ですな(爆)。そして、囚われているヴィヴィオの姿をみたなのはさんの反応をみて、あぁ、スカリエッティとナンバーズおわたなと思ったのは自分だけではないはず。
バンスターモードの件なんてあれは最後には使う羽目になるって言っているようなもんですからね(笑)。

 しかし、スバルとマッハキャリバー辺りの話は良かったですな。シリーズ通してなのはのなのはらしい作品部分ってデバイスとの交流というのも大きいなぁと思ったり。言い換えるとデバイス萌え(爆)。だんだんと魔法少女という路線からは離れていってますが、こういうところを見るとやっぱりなのはだなぁと思ってしまいます。

 あと、守護騎士関係の話もイイハナシダーって感じでしたね。そんなに死亡フラグを立てなくてもよかろうにと言いたくなりますが(笑)、そこはなのはなので大丈夫だろうと信じておきましょう。


2007年8月5日  ジャンボ 

 電王の話。面白く見させてもらっているのでなんか玩具でも買おうかなと前々から思っていたのですが何だかんだで最初に買ったのがコレ(正確には食玩のゼロガッシャーが最初だけど)。

 プライズ用のジャンボソフビです。装着変身とかデンライナーとかもほしいっちゃほしいのですが、最近の玩具購入条件は裏で使えるかどうかですからね(爆)。全長約30センチジャンボソフビ、何に使うかはおさっしください(笑)。

 前述のようにプライズ用なのですがちょっと古いのでなかなか置いてない上に置いてあっても取れないので結局ボークスで購入。プライズ品でどうしても欲しいものは無理に取ろうとせずに最初からお店とかオクとかで買った方が安く付くかもしれませんな。

 しかし、置き場所に困りそうなデンライナーはともかく装着変身はやっぱり欲しいかも知れませんな。ちっこいんでまだ置き場所も大丈夫そうですし、ソード、ロッド、アックス、ガンフォームと並べて飾っておきたいような気がする。今年のライダーはフォームごとのキャラクター性=キャラの個性が強いのでお決まりのポーズ取らせて飾っておきたい衝動が高いです。
てか、あと何気にベルトが欲しかったりも(何ッ。


2007年8月4日 変身 

 てなわけで、N氏とトランスフォーマーの映画を見てきましたよん。毎度のように激しく転寝なので感想っぽい話はまた今度って所ですがとりあえず思っていたよりも面白かったです。

 電王の映画も見に行きたいものの子供が多そうなので平日ならまだ少ないだろうから有給でもとって見に行こうかな、などと話していたらN氏に夜見に行けば良いじゃないかと言われてなるほど納得してしまったのですが、上映時間を調べると子供向け映画は最終が全部4時台な罠(笑)。
内容があまりにも本編とリンクしすぎていて映画を見ておかないと本編が繋がらなくなっているので、早く見に行きたいのですよね。この辺、思いっきり製作者側にはめられてますな(爆)。


2007年8月3日 

 裏更新っ。


2007年8月2日  雛見沢大災害 

 アニメのひぐらし解。厄醒し編は祟殺し編で最後に圭一が見て回ったものを沙都子が再現して大災害END。祟殺し終盤の沙都子版って感じでしょうか。
話の内容的には特に目新しいこともなく解というより出題編でやるような内容だった気がするのですが、1期の祟殺し編で大災害のシーンをカットしてますからね。村人の死体が集められている所や自衛隊が封鎖しているシーンとか重要な伏線が全部削除されてましたから。
結局、厄醒し編は部活や野球大会、大災害のシーンなど1期で出来ていなかったことを補完するお話だったわけですな。前にも書きましたがまさしく1期の厄を醒ますシナリオ(笑)。改悪するから補完しなくてはいけなくなるんだよ……。

 まぁ、二期のクオリティーは高いのでこの調子で皆殺しと祭囃し編を作ってくれるのならば超期待ですよ。事と次第によってはDVDを買わないでもない勢い(笑)。
DVDはコードギアスが後2巻で終わりなものの、なのはStSも結局DVD買ってますし何かしら毎月買ってることになりますな(爆)。


2007年8月1日  合体攻撃 

 スパロボと転寝の合体攻撃。これをやられると更新時間なんてひとたまりもありません(何ッ。

 とコレだけではなんなのでTRPGにおける合体攻撃を少し考えてみるテスト(笑)。
単純にダメージ合計だといまいち意味がないのですよね。スパロボのように敵が鬼のようにHPがあるのならともかく、多くてもせいぜい耐久値30いくかいかないかですからね。
どれだけダメージが多くても一撃では重傷になるだけですし、逆に重傷状態だと1点でもあてればよいわけですし。
ダメージの多さにそこまでの利点はない。

 逆にお互いの能力値を足して命中だとかにするとそれはたいそう強いことに(笑)。お互いの達成値を+とかにするとほとんど避けられなくなりますからね。片方の能力値を+だとコンビネーションやショットサポートなど今の特殊能力でそれっぽいのがあるので微妙ッちゃ微妙ですな。

 この辺、色々考えると面白そうなんですけどね。いっそおかカフェなのでなくLV4以上の世界観ではっちゃけた効果にする方が良いかもしれません。
少し前にまやかしのある世界版「B級で行こう!?」でも復活させようかなとネタを考えていたこともあったのですけど、 採用するならばこのくらい何でもありなLVの世界の方があっているって感じですな。
敵に追加HP600点とかあってもいけるくらいのキャラレベルの高い世界観(爆)。

 まぁ、メイドさんの合体攻撃なんてゴスロリンオン……もといフェアリオンの合体攻撃(youtube)並にアレなするので感じがそれはそれでOKなんですけど(笑)。


前に戻る

広間へ